自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

他人(たにん)

自分では興味がなかったとか、自分では調べるのに限界があるとか、自分では苦手過ぎて避けているとか、自分の力では及ばないいろいろなことが生きているとあるわけだけども、その力の外の力を、他人は簡単に持ち運んでくれることができます。
112文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

組織(そしき)

人と人が集まれば組織になります。
16文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

味方は、本当にあるべき自分の味方か?(みかたは、ほんとうにあるべきじぶんのみかたか?)

自分は会ったことがなく、接するつもりがなくても誰か別の得意な人がそれをやってくれることで、自分を取り巻く環境に、俄然自分を生かす情報や結果が持ち込まれます。親しい人がいい影響を与えてくれるからといって、近づけ過ぎるのは依存を生み出します。いい影響を与えてくれるのに少し遠目にすると、八方美人と同じことが起こります。
157文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

自分の環境を作る材料(じぶんのかんきょうをつくるざいりょう)

周囲にYESマンの賛同者を置いている人は、自分を使うとか、可能性を伸ばしきることにはならない。八方美人の人は、自分を生かすことからは遠い情報しか入って来なくなる。というわけでここにきて、親しい人が誰か?が問われることになります。それが自分の環境を作る材料になります。
133文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

親しい人(したしいひと)

親しい人・・・仲のいい人の方が、そうでない人よりも自分に影響を与えます。
36文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

共同(きょうどう)

自分以外の誰かと一緒に何かをすること。
19文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

共同の鉄則(きょうどうのてっそく)

共同に加わっているメンバーは、全て成果のために使われる必要がある。まず個性、その次に役割がある。役割から入ってはいけない。役割が個性を食ってもいけない。が、個性が生かされるフィールドは役割にそわなければいけない。役割を果たさない個性は、成果を生み出さないただの自己満足でしかない。共同する意味がない。
150文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

共同の関係は、その方がメリットがあるから行われる。(きょうどうのかんけいは、そのほうがめりっとがあるからおこなわれる。)

1人でやるよりも効率がいいとか、成果を導きやすいという、効果が高まるメリット。1人では決して得ることができないものを、共同なら得られるというメリット。1人では難しいことが簡単になり、不可能なことが可能になり、可能なことがさらに促進される・・・ために共同が行われる。
132文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月26日

トップに戻るボタン