自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

正しく正当化して、超上手く欺瞞する(せいとうかしてちょううまくぎまんする)

正しく正当化して、超上手く欺瞞するためには誰もが「うん、そのとおり」といえる理由をあらかじめ用意する必要があります。だから真剣を培う。未熟な論理やすぐバレるウソをつくとやっぱり自分はカスだ、ということがバレてしまいます。だから真剣を培う。そういう誤った使い方をする。
133文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月30日

真剣(しんけん)

ここぞというときにこそ抜くのが真剣です。本当にここぞというときに抜き合わないのは相手や物事に不誠実の可能性があるのでそれはどうかなということです。
73文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月30日

美徳行為の裏側(びとくこういのうらがわ)

真剣に限らずそうだけど、美徳行為の裏側には汚物にまみれた心の底にフタをしているゴミ箱がある、ということが実際によくあります。
62文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月30日

女子組織(じょしそししき)

ただ集い、共感をベースにして関係性と感情の共有をすることが集まりの目的になっていることが多い。友達関係が組み込まれている。男子組織をおもしろみがないと思い、幸せ系寄りであることが多い。幸せ系は成功系を生き急ぎ、今をおろそかにしているように見る。
122文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月30日

男子組織(だんしそしき)

成果と目的によってつながりそれを打ち出すための役割分担を目的として集まることが多い。仲間関係が組み込まれている。女子組織を無駄な時間と捉える。成功系寄りであることが多い。成功系は幸せ系を計画性のない、今さえ良ければいい連中と見る。
115文字 | 読了1分 | 投稿日2016年1月30日

トップに戻るボタン