自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

自分をうまく運ぶ(じぶんをうまくはこぶ)

自分に備わっている特徴を知って生かせばいい。個性をベースにしていて、強みや才能、優しさや人との関わりのオリジナリティ、価値の真ん中にあるものを使い、人に備わっている、愛や自由、創造や現実を うまく扱っていく。勘違いを正し、本来あるべき姿に流れを合わせる。 これができれば自分を上手く運ぶことはできる。
150文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月12日

トータルコンポジション(とーたるこんぽじしょん)

今の自分を成り立たせている相関性のある全ての物事のこと。【我が世】の現在地となる。総合力としての自分。人やモノや社会の力も自分の力として認識する。自分個人には決して注目しない。
88文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月12日

我が世の現在地(現時点)(わがよのげんざいち(げんじてん))

【偶然】や【創発】によって【我が世】は作られることに注目する。受け身によって何が成り立ち、作られているのか?ということをひとつひとつ現実のこととして知っていく。知りようのないものもあるし、多少の勘違いも含まれると思う。そういうのも含めて作られたものが【我が世の現在地】(現時点)となる。
143文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月12日

現在地(げんざいち)

【トータルコンポジション】として捉え、認識し、その総合力をどのように扱っていくか?と考える。
46文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月12日

トータルコンポジションの考え方(とーたるこんぽじしょんのかんがえかた)

総合力としての自分に注目しどう運ぶかを考える。基本は【自分】よりも【我が世】を優先する。自分の内的な力は、自分の外的な力を含む総合力よりも小さい。どちらも自分の力であると考えるなら 当然大きな力を基準にして考えていく。これによってスケールの誤認はほとんどなくなる。
132文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月12日

偶然や創発の採用をどう変えるか(ぐうぜんやそうはつのさいようをどうかえるか)

伸ばし促進させるもの(強み、リード)、新しくトライできるもの(イノベーション)、新たに生まれた問題に対応し滞りを解消するもの(弱み、リスク解消)の3つを採用するように変えていく。どのような、何を次に組み込んでいけばトータルコンポジションが理想的で自分を生かすものすごくいい形のものになるか?というところに注目して組換える。
161文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月12日

トータルコンポジションを4つの分野に分け意識的に広げること(とーたるこんぽじしょんをどうつかうかよっつのぶんやにわけいしきてきにひろげること)

成功と幸せは並列でどちらも一度に手にする。伸ばす。今はまだない成功と幸せもトータルコンポジションの考え方によって増やす。今までにやったことも、見たことも聞いたこともない自分はどんなものがあり、何ができるか?に対して自分を運ぶ。【我が世】のベースとなっている世界の現実と創造をトータルコンポジションに組み込み続ける。
157文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月12日

トップに戻るボタン