自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

終わるべきタイミング(おわるべきたいみんぐ)

1.感覚で測る。なんだかわからないけどもこの物事が終わったと強烈に心から湧いてくる感覚が出てきたとき。2.親のベースが子のベースになったとき。親はもう自分でそれをやる必要はない。
89文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

終わった次に自分がすることは何か?(おわったつぎにじぶんがするべきことはなにか)

霊統を参考にする。霊統というのは生まれ変わりのことで、今が転々と入れ替わる。仕事(たとえばセミナー)も血統を参考に終わったものは譲り、次の自分の使い方、環境へと進ませる。そしてその「次」も血統を参考にした終わりが組み込まれる。そこまでは全て自力で行う。
126文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

本当に〜か?(ほんとうに〜か)

それは本当にやることなのか? やらなくていいことはやらなくていい。そして、「やった方がいいこと」もやらなくていい。やるべきこと、なされるべきこと、あるべきこと、だけに注目する。
88文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

二次(にじ)

ブロックに翻弄される人生。
13文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

逆次(ぎゃくじ)

ブロックを全否定する人生。
13文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

愛が及ばないケース(あいがおよばないけーす)

1,想いや慈しみという自分の内面の問題とすり替えている場合。2.結びついてはならない人と結びつこうとするとき。3.根源的に、愛が及ばないという世界観を持っている場合。4.愛が大事な大部分を占めない場合。
101文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

コラム(こらむ)

コラムは自分の真実を表さなければならない。自分だけが知っている真実が何か?ということを、自分の言葉や、自分の文や、自分の書き方で出していく。自分がたどり着ける重要な物事を文章にすることがコラムになる。
100文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

自分の人生(じぶんのじんせい)

自分の人生は世界から創られるので、その世界が狭いとか、うまくなじめないと、イコール人生がうまく行けていない。
54文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

世界の閉塞(せかいのへいそく)

自分を生かさないパターンと同じ。世界を広げるには以下の7つに挑戦する必要がある。1.ブロック 2.処世術 3.リスク 4.環境設定 5.一貫性 6.知覚の限定 7,確信への未到達
89文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

BAの基礎能力(BAのきそのうりょく)

1.可能性や確率を検討する力 2.物事の筋道を立てゴールに至る力 3.直感による適切な判断
45文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月21日

トップに戻るボタン