自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

自分の心のキャパが優れて広い(じぶんのこころのきゃぱがすぐれてひろい)

人と心を通い合わせるのが苦手、下手だと思っている人は、まず事実として自分の心が広すぎる可能性を考えた方がいいし周囲の人に、聞いてみた方がいい。「私といるときどう?」多くの相手の満足が高すぎ、こちらは低いのであればそれは自分の心のキャパが優れて広いということになる。
132文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

心のキャパが広い人(こころのきゃぱがひろいひと)

心のつながりを考えるとき、まず、相手は100%一致してくれるという事実を受け入れる。その上で、心の広い別の相手・・・レアものを探し続けるしかない。心が広いから、諦めるしか、受け入れるしかない、というのは生き方を諦めていることに他ならない。優れている人は、優れている相手を見つけなければならない。妥協してはいけない。
157文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

スケールの誤認(すけーるのごにん)

スケールの誤認は心のキャパに限らず起こっている。「優れ過ぎているのではないか?」と考える視点は必ず持たなければならない。その質問でなければ見えて来ないものがある。
81文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

TA(TA)

TAは自分のルールで、自分の力で、自力をうまく使うことで自分がほしい結果を得るという人が最も最初に持っている力を大人になった今でも有効に使える者ということです。大人になっているからこそ、この力を生かし、社会適応しながら我を通し自分がほしいものを必ず得る力のことです。
133文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

良いTA(よいTA)

躍動感と勢いに溢れていて、ほしいものをうまく手にすることができる人のことです。TSほどはコミュニケーションを重視しない代わりに人からどう思われるかを気にせずに済み、BAほどは知恵を使わない代わりに考える間なく行動に移すことができ、BSほどルールを守り体系的にやらない代わりに自由に自分らしく振る舞って筋道を見つける。
158文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

自由(じゆう)

TAの成功度合いと自由はかなりリンクしていて自由というキーワードはTAのためにあると言っても言い過ぎではない。自由というのは制約的に考えると、何者にも縛られない。止め置かれず、束縛されない。強制も受けない。決定的に考えると、離れることができる力になります。
128文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

TAが自由を生かすための力の使い方(TAがじゆうをいかすためのちからのつかいかた)

意識の力を使うことです。思い通りにし、我を通すためには意識の力を使う必要がある。流れに乗ったり、創造したり現実に沿うことは、TAには望ましくなく、意識を入れて思い通りにできるための行動だけ選ぶ。これを繰り返すことでTAはTAとして活躍しはじめる、ということです。
131文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

気分で信じたい(きぶんでしんじたい)

効果があった、成果が上がった、と気分で信じたいゆえに全然ダメダメなものを良しとしている風潮は、ある。状態や未来を言い当てる占いとかスピとかはその代表。そういう物事の前提がくだらないと知っておかなければならない。
105文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

「気分で信じたい」がくだらない理由(「きぶんでしんじたい」がくだらないりゆう)

状態も未来も、誰に何も言われなくてもそうなる。そしてこれはいつも起こることだけど、その状態や未来は自分の扱い方次第で簡単に変わる。そうならなくなる。言われなくてもそうなり、言われて抵抗したらそうならないなら「当たってるぅ」とか全く無意味。無意味をありがたがったり、騒ぐのはタダの気分。
142文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

先々自分を生かしたいなら(さきざきじぶんをいかしたいなら)

物事を注意深く見る目をつける。信じられるものを自分で確証して増やす。見たくないものを見る。何がそうで何がそうでないかを知ろうとする。本当に見えるウソとか、本当を扱っているので確かにそうだ!というウソとか本物であり支持を受けているから全然ダメ、なケースとかひとつひとつ丁寧に知ったらどうかね?
145文字 | 読了1分 | 投稿日2016年2月21日

トップに戻るボタン