自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

みんなの一致するもの(みんなのいっちするもの)

他人とは全然違う自分を出して共感や理解を求めるとなかなかそんな人がいない旅に出なくてはならないのでこれがみんなの一致するものですよというものに最初から合わせようとする。
84文字 | 読了1分 | 投稿日2016年3月4日

普通(ふつう)

そうやって培った普通は、外の世界に適応するための普通であって自分の内側の世界への共感と理解を求めた結果の普通ではない。それも普通でいいが、自分らしい普通ではない。自分を生かす普通でしかない。
95文字 | 読了1分 | 投稿日2016年3月4日

二次(にじ)

悪くすると自分を生かさない普通を受け入れなくては!となる。これを二次という。
38文字 | 読了1分 | 投稿日2016年3月4日

逆次(ぎゃくじ)

自分を生かさない普通が普通なんだから、そうやって生きていくべきだ!と自分を閉じる(人生を諦める、という)のが逆次になる。
60文字 | 読了1分 | 投稿日2016年3月4日

ひとつ目のメリット(ひとつめのめりっと)

そのうちの何人かに1人は紹介記事を逆紹介してくれたり別のことで自分を紹介してくれることがある。相手が1記事使って自分を紹介してくれるとアクセスは流れやすいし興味を示す人が必ず出てくる。これはプロモーション上もビジネス上も有利を生み出す。
118文字 | 読了1分 | 投稿日2016年3月4日

中心選手みたいな役割(ちゅうしんせんしゅみたいなやくわり)

特に良いものを紹介するが、同時に読者のみなさんが求めている人や商品も出せるとそのブログは読者にとって「読んでおかなければ損」「いい情報はあそこに集まる」という中心選手みたいな役割を担うことができる。この効果を知っている人はそのためにブログの記事を作る、という人もいる。
134文字 | 読了1分 | 投稿日2016年3月4日

人が集まるブログ(ひとがあつまるぶろぐ)

当然プロモーション的にもビジネス的にもおいしい。たくさんの人やサービスを紹介し続けていると読者心理的に、「この人はたくさんのつながりのある人だ」という理解を進める。心の抵抗をなくさせてしまう。
96文字 | 読了1分 | 投稿日2016年3月4日

トップに戻るボタン