自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

気持を大切にする人(きもちをたいせつにするひと)

ただ現実に自分を認めたり、知ったり、感情を大切にする人。自分の気持ちを大切にしているために、価値を満たそうとして行動する必要がないから成果につながるやり方でやることに目を向けることができる
94文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月11日

成果測定やフィードバックを行うとき、真っ先に行うのはまず捨てる、やめること(せいかそくていやふぃーどばっくをおこなうときまっさきにおこなうのはまずすてるやめること)

起業家精神旺盛な人や行動的な経営者は「次何をするか」に目を奪われがちですが、体系的に捨てる行為が終わらないうちに、新しいことに手を出すと全てが中途半端になります。進行上一部かぶる部分があるとしても、捨てることを優先します。
111文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月11日

1つのプランはテストマーケティングで1か月だけ試します(1つのぷらんはてすとまーけてぃんぐで1かげつだけためします)

1か月経ってダメなものはきっぱり捨てます。1か月経って行列ができるほど売れるものは既存ラインナップに加えます。1か月経って白黒つけがたい場合は保留にします。保留の最大期間は3か月までです。3か月経って白黒つけがたいということはうまく売れないということです。
128文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月11日

2~3つうまく行けば大成功(2~3つうまくいけばだいせいこう)

年間に6~10回の新しい試みを事業に加えます。新しい行いは、新しいというだけでうまく行く確率を下げます。2/10という数字は控えめに思えるかもしれませんが、年に2回新商品をヒットさせると考えると高確率です。
103文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月11日

トップに戻るボタン