自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

小さなストレスの蓄積(すとれすのちくせき)

小さなストレスの蓄積は、本人も気がつかないうちにそのブログから足を遠ざけます。最初は毎日2回だったのが1回になり、2日に1回になり、3日に1回、1週間に1回、2週間に1回と長い時間をかけて徐々に速度を落としていきます。
109文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月20日

心を閉ざす人(こころをとざすひと)

頑なに閂をかけて門を開けない人ではなく小さなひとつひとつに、不安を反映させたり、拒絶したり、無理に前向きを見せようとしたりする人のことです。
70文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月20日

心を閉ざさないポイント(こころをとざさないひとぽいんと)

心を閉ざすことと、心を開くことは対極にありません。存在する世界がまるで違います。つまり、心を閉ざしながら、同時に心をオープンにすることもあれば心は開いていないけども、閉じてもいないということもあるわけです。
103文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月20日

行かない理由と行く理由は全然別のところにポイントがある(いかないりゆうといくりゆうはぜんぜんべつのところにぽいんとがある)

接客が素晴らしくてもカレーが不味ければ行く理由にはならなりません。行く理由は接客ではなく味にあるからです。逆も同じです。行かない理由と行く理由は、それぞれが反対の意味を持つのではなく、全く別々の理由から行動が決まってくるということです。
118文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月20日

制約要因(せいやくよういん)

行わない理由になるものです。「耐え得る小さなストレス」であったり、不安や恐怖であったりします。
47文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月20日

長期的にうまく行くために必要なこと(ちょうきてきにうまくいくためにひつようなこと)

制約要因を取り除いていれば、ひとまず長い目で見て安泰です。必ずうまく行くとはいえないが、必ず失敗する事態だけは避けることができます。多くの人はうまく行く方法やうまく行く理由を探しますが、うまく行かない理由を省き続けることです。小さな抵抗を極力排除しようとすることもここに含まれます。
141文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月20日

トップに戻るボタン