自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

信頼を考える時に大事なこと(しんらいをかんがえるときにだいじなこと)

何もできなくてもただ存在しているだけで良いか?ということです。人として、誠実な心を持っているか・・・持とうとしているか、隙があればウソやごまかしをしようとするかしないか。人を尊重して認めることができるか、とはいえ自分というものを信じて自分で自分を認められているか。
132文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月4日

信頼に足る人物(しんらいにたるじんぶつ)

信頼を考える時に大事なことを自分の中で培っているかどうか。社会性や関係の必要性から何かをやることではなく、そもそもそういうふうにできている、かどうかということです。
82文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月4日

自分を理解することが難しい理由1.やり方を知らない(じぶんをりかいすることがむずかしいりゆう1.やりかたをしらない)

自分を知る正しい方法を多くの人は知りません。そんなことよりも社会が求めることに適応することを刷り込まれてきてしまっています。自分を優先すると悪いことをしているような気になるという、心理問題もあります。
100文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月4日

確信がある(かくしんがある)

自信がないの反対は、確信があるです。自信がない人から見た自信のある人は、ほぼ必ず「自分は自信がある」と思っていません。上手くできる熟練者は、自信によって支えられているのではなく、それを行うことができるという確信によって進めているということです。そして人は確信ある物事をいちいち考えたりしません。
147文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月4日

トップに戻るボタン