自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

質問(しつもん)

もし人としての背景を重視するのなら、行動や能力の裏側にどのような人間性が潜んでいるのか、質問によって知る努力をする必要があります。
65文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

なんで?(なんで?)

結構最強の質問で、相手を知りたい気持ちさえあればとても効果を発揮します。相手の背景、中身、にあるものにたどりつくには3歳児のなんで?が有効で、有利な方法です。
79文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

新しい道(あたらしいみち)

今までの方法で行き詰まりを感じたとき、または、今までの方法ではうまくいかないことがわかったとき、これをやったことのない初心者や、やったことのない分野に関しては、これまでの「正しい」方法にとらわれない、新しい道を作り出します。
112文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

新しい思考や捉え方を身につけるステップ1(あたらしいしこうやとらえかたをみにつけるすてっぷ1)

初心者の方法です。今までと真逆のことをやってみるということです。そうすると必ず「いけないことをやっている感じ」「心がそわそわ落ち着きがなくなる」というような感覚になり、相手の反応と自分の感情に変化が出てきます。この変化を取りこんでいくのが、新しい思考や捉え方を身につけるステップ1になります。
146文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

ゆらぎ(ゆらぎ)

真逆の方向に行きつくと、振り子は頂点で物理的に一時静止します。うまくできるようになったときにゆらぎが起こって、不整合が出てくるということがよくあります。
76文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

人の選別(ひとのせんべつ)

中級者の方法です。ゆらぎが起こったら今度はどこに振れるのが最良か、選別・選択をはじめます。振り子の振れる方向を変えていく、ということです。
69文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

上級者(じょうきゅうしゃ)

選別・選択を繰り返していくと、物事の考え方や捉え方が柔軟に、多角的に行うことができるようになります。
50文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

上級者に特有の課題(じょうきゅうしゃにとくゆうのかだい)

「初心者の理解」との乖離です。初心者の気持ちに対してどのような振る舞いや、行い・・・シンプル化できるかということと、初心者と接する必要のない人は、ふつふつと生み出される孤独感にどう対応できるか?になります。
103文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

シンプル化(しんぷるか)

自分の専門性と深さが損なわれるような感覚を持つことに、現実対応します。そのときはじめて、本質追求に入るしか道がなくなってしまいます。
66文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月5日

トップに戻るボタン