自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

正しい理由(ただしいりゆう)

「仕事でお金を頂いているのだからちゃんとやらなければならない」とか「自分のことを頼ってきてくれているのだからできる限りのことをしたい」とか「単純にかわいそうだと思う」とか「人の力になり、人に認めてもらいたい」とか
106文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

問題(もんだい)

なぜか関わりのある相手のことを、正しい理由によって、自分を縛る鎖にしてしまっているわけです。
46文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

人間関係のアリ地獄(にんげんかんけいのありじごく)

浅くて表面上の物事をやろうと頑張ったり、認めてあげようと受け入れると物事がどんどんややこしくなっていきます。自分と相手を尊重も認知もしておらず、自分の欲求を優先しているということです。
92文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

わかる(わかる)

理由説明とか、なぜそうなったのかは全然わからないけど、とにかく答えや結論がわかる。強みの見方では直感や感受性でわかるというのがここに含まれます。
72文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

結果を生み出すことができる強み(けっかをうみだすことができるつよみ)

強度はかなり高いところにあってそれを発掘すると自分をどのように生かすか?ということが分かっていいのだけど、実際に生きていく上ではそれよりも必要で強い強みというものがあります。分かる強みよりも、結果を生み出す強みの方が重要であるということです。
121文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

現実(げんじつ)

相手や自分が理由など分からなくても、とにかくどのような結果がついてきているのか?どういう結果になるのかの方が、理由や証明よりもはるかに大切だということです。
78文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

フィールド(ふぃーるど)

自分が存在、活動している「場」のことです。物事がうまく運ぶか、そうでないかは場によって半分以上決まると言っても言い過ぎじゃありません。
67文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

フィールドに合わせる努力(ふぃーるどにあわせるどりょく)

どこかに属している以上、努力をするのは当然だと思いますが、その努力はほとんどの場合無駄な努力です。周囲に合わせて、なんとか今のフィールドに適応しようと努力してもその努力はなかなか実らない上に、本人はストレスに感じ、成果も思うように上がらなくなります。
125文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

トップに戻るボタン