自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

心の強み

【心の強み01】心の強みって何か?

■「強み」は自分だけが優れて『できてしまう』ことをいう。 誰もがいくつも持っている。力であり武器であり、他の人には難しいことが自分には簡単にできてしまう。強みは成果のために使われ、人よりも高い成果をやすやすと上げる物事のことをいう。 では心の強みは何か? ■強力な武器を上手く扱うことで凄まじい成果を上げることができるとする。 同じような強みを持つAさんはそれを「身近な人のために役立て……続きを読む
3327文字 | 読了7分 | 投稿日2018年2月12日

【心の強み02】自分にはどんな心の個性がある?

■自分の心にはどのような個性があるか?と考えたことがあるだろうか? 自分が瞬時に感じる感情や気持ち、気分には馴染みが深いと思う。たまには自分はどんな人間だろう、自分はこんな人間だなと思うかもしれない。大きな感情なら感動したことや真の恐怖を覚えることも稀にあるかもしれない。それによってより、自分はこういう物事を好むのだ、とか、こういうことは本当に嫌いなのだ、と自己判断するだろう。 その全てが心の……続きを読む
3003文字 | 読了6分 | 投稿日2018年2月13日

【心の強み03】人格は必ず上下

だから、人格はあげないといけないんだぜ・・・みたいな偽善者をするつもりはない。人格の性質が上下にあるという「物事の本質」を見ていこう。 ■人格に並列はないのか?といえば、それはある。「個性」がそうなる。心の強みにも個性があり、それは優劣を競うものではなく「違い」になる。人によってどのような心の強みを持っているか、それがあらかじめどのような強度かは異なる。 目の前に困っている人がいるとして、その……続きを読む
5491文字 | 読了11分 | 投稿日2018年2月16日

【心の強み04】気分と気持ち

■人格を上げていく方法は人それぞれ違う。個性が違い「心の強み」が違うのだから方法は違うものになる。 だが結果から共通している絶対条件だけを探れば、人格が高い人は行っているが、漫然としている人や、自分を下げている人は行っていないという明らかなことがある。   その最初に注目すべきは、前回書いた「行動」と「基準」の違いだ。   成果を求める人は必ず行動から考える。成果を逆算して行動……続きを読む
7689文字 | 読了15分 | 投稿日2018年2月19日

【心の強み05】人格が上がると起こる現象

■孔子には「立派な人はダメな人をダメと言う。ダメな人は立派な人をダメだと言う」という趣旨のことが書かれている。ややこしいので何が立派か、ダメか、そして立派な人はダメな人をダメというのか?という様々な疑問は置いて、内容を考えてみよう。なぜそんなことが起こるのか?   いきなり話が逸れるが孔子にはこういう「立派な人」と「ダメな人」の対比がよく出てくる。これはこれで面白いものもある。 &nbs……続きを読む
4719文字 | 読了9分 | 投稿日2018年2月20日

【心の強み06】心の強みが裏返ると人格を下げる

■例えば寛容で、人を許すことに長けている人が、人からとても信頼されているとする。あまり怒らないし、長い目で物事を見ることができる。甘やかすのではなく、受け入れる。そして多くの人がその人に救われているとする。 だが、もしこの心の強みを、決して反省などしないシリアルキラーに対して発揮したらどうなるのか?その殺人鬼がその後気持ちよく殺人しまくるとしたら? 強みと同じように、心の強みも時と場合、相手を選……続きを読む
3471文字 | 読了7分 | 投稿日2018年2月23日

【心の強み07】行動ではなく基準

■人格の上下に大きく影響する、ある一定決まっている物事のひとつに「行動」と「基準」のウエイトの違いがある。 多くの人は行動することで上手く行かせようとする。より行動しようとして足し算で積み重ね、身動きが取れなくなるというような矛盾を抱えることもある。しかし一般的には行動量が増えれば増えるほど、確率論的に成果を得ることができる。 では成果は何のために得るのか? 成果を得るのには何かの目的がある。……続きを読む
3485文字 | 読了7分 | 投稿日2018年2月26日

【心の強み08】深い人間関係を築く、というものはない

■心が通じ合った。お互い信頼している。 そいう物事のほとんどはウソとまでは言わないものの、大きな勘違いではある。 深い関係、長い関係を否定するのではない。それを言っている人の人格が低いのなら、関係もさほど大したものではないということだ。 成果を上げている者同士がこういうことをよく言う。 ビジネスで一緒に成功していると自分は相手を、相手は自分をよく知っていると勘違いする。知っているのは共同作業の……続きを読む
1972文字 | 読了4分 | 投稿日2018年2月27日

【心の強み09】人格者は多重人格

■「人格者」と言われると胡散臭く感じるか、理想過ぎて堅苦しいように思うのではないか。誰ものことを平等に受け入れ、前に向かってともに進む原動力を持つ的な・・・。 もちろんそんな「イメージ像」が人格者であるわけがない。 内的な個性である「心の強み」を伸ばし続け、個の頂への登頂成功者こそが人格者だ。自分特有の人格を高め、自分が自分であることのオリジナルを追求した。 だから「人格者」のイメージが固定され……続きを読む
2203文字 | 読了4分 | 投稿日2018年3月2日

トップに戻るボタン