自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

イノベーション

イノベーション00~前書き

昨年ビジネスコンサルタントの梶貴美男さんが僕に「マネジメントは才能でやっているのでできそうな気がしますがイノベーションは完全に強みでやっているのでできそうな気がしない」と言われた。感覚も理論も総動員するセンスとしてイノベーションをやっている。やってきた。そういえば今まで散々セミナーをやっているのにイノベーションに対してセミナーしようと思ったことは一度もない。一番できていることが、一番アウトプットさ……続きを読む
2464文字 | 読了5分 | 投稿日2014年3月1日

イノベーション01~コップに水が半分「しかない」

程度の悪い自己啓発ではコップに水が半分「しかない」のではなく半分「もある」と捉えよう・・・というお寒いポジティブ思考がある。現実を見るなら「コップに半分水がある」だがイノベーションする人は「半分しか」と見なければならない。半分しかない、というものの見方が人をして「このままではなく、違うことに目を向けなければならない」とさせる。この意味でイノベーションはネガティブ視点であり「このままではいけない……続きを読む
488文字 | 読了1分 | 投稿日2014年3月2日

イノベーション02~過去は全部汚点

イノベーションする人を英語でイノベーターと呼ぶ。イノベーターの人に共通する特徴は・今現在の自分が過去最高であると認識しているので、・過去の自分は今の自分より劣るから、・過去は恥、未熟・・・少なくとも見るべき対象にならないというものがある。イノベーターはこの意味で現在肯定目線でありながら過去に否定的であり明日、今日よりもよくなっていなければ明日自分を肯定することができないから今日よりも明日のベターを……続きを読む
702文字 | 読了1分 | 投稿日2014年3月3日

イノベーション03~新しいものを好む

ジャンルや仕事が異なっても、イノベーターの人に共通するのは新しいものを好むという特徴がある。新メニューを好む。限定販売を好む。いつもと違う通勤ルートを好む。新しい仕事のしかたを好む。ときに誰も取らないリスクを、新しいという理由で採用する。ただし、自分の可能性を導かない「新しい」ものには目もくれない。新しいもの・・・未知のものにも種類があり自分に合っているものと合っていないものがある。自分に合ってい……続きを読む
938文字 | 読了2分 | 投稿日2014年3月4日

イノベーション04~今あるものは全て古くなる

イノベーションの基礎的な考え方は今あるものは全て古くなるというところにある。何事も生まれた瞬間に古くなる。人もこの世に世を受けて以降全て古くなる。新商品も発売された瞬間から古くなる。古くなることが悪いことではないが、古くなることは寿命に向かうということなので寿命が短いものは早急にイノベーションの必要に迫られ寿命が長いものは見せ方のリニューアルなどを繰り返してイノベーションの必要なく(改善は必要……続きを読む
974文字 | 読了2分 | 投稿日2014年3月5日

イノベーション05~土台があれば可能性も大きい

革新的な物事は、最初必ず1人か2人の天才によって生まれる。どのような物事もその天才の直観的な視点で生まれる。そしてイノベーションの鉄則としてその多くは失敗する。特に天才によって生まれた凄い技の多くは、それを汎用化・・・つまり、多くの人が使えるように感覚を理論にできないことで消えていく。天才だけができたよね、で終わる。イノベーションを汎用化できたらそれはスキル、技術になる。できない人も、できるよ……続きを読む
1295文字 | 読了3分 | 投稿日2014年3月6日

イノベーション06~一生のうちで何回生きられるか

知覚、のハナシ。イノベーションしようと思ったら、現状を良しとせず、明日に進まなければならない。だから「明日」が何かを知らなければならない。ひとつはフィードバックによって知ることができる。これまで積み重ねてきた昨日から今日のプロセスを見れば明日どちらの方向に進むか方針が決まってくる。安定的な明日を創造できるだが、フィードバックでは本質的にイノベーションは起こらない。起こるのはビジョンの確定だけに……続きを読む
834文字 | 読了2分 | 投稿日2014年3月7日

イノベーション07~最高のチームは不十分である

iTunesで映画を探していたら(レンタルはしていないけど)黒人のバンドかなんかでメンバーが「全員天才」てのがあった。これはなかなか萌える。だがしかし。どんなに優れた人材とそのチームを作ってもイノベーションは簡単に限界を招く。例えばこのバンドの場合、演奏するプレーヤーが全て天才的であったとしてもそれは必ず楽器の制限がある。これはまだいい。天才性でカバーできる。が、曲の制限を超えることはできない……続きを読む
1477文字 | 読了3分 | 投稿日2014年3月8日

イノベーション08~大前提と世界を変えるイノベーション

前回からの続き。イノベーションの中で最大のものは世界のあり方を変えるものを打ち出すこと。万有引力を発見するとか、地球は平ではなく球体であるとか。鉄砲の採用によって戦争のあり方が威嚇線から殲滅線に変わるとか。蒸気機関やインターネットによって距離の概念が変化するとか、7つのポジショニングによってマネジメントやコミュニケーションが飛躍的に簡単になるとか。これまでの延長線上での工夫ではなくこれまでの世……続きを読む
938文字 | 読了2分 | 投稿日2014年3月9日

イノベーション09~世界に影響を与えるイノベーション

世界の根底を変えるイノベーションの次に大きなものが世界に大きな影響を与えるイノベーションになる。世界の大前提は変わらない。変えれない。だが、世界に大きく影響するものを打ち出すイノベーションになる。古代中国の時代、食客という考え方があった。人徳と才能があり、国の重職に就いているものが私財をはたいて天下から広く有能な人を集める。特技や才能は様々だけども優秀な人は名を挙げることができたり、食うに困ら……続きを読む
1174文字 | 読了2分 | 投稿日2014年3月10日

トップに戻るボタン