自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

千式コラムの感想、関連

予約投稿で自分でもよくわからなくなってきているけどすでに公開したもの■精神 30コラム■気 30コラム■美しさ 20コラム■学び・・・の前半 10コラム学び今日全部アップと思ってたけど10コラムだった。明日【学び後半】10コラム21日【松原靖樹主観】20コラム22日【理解】前半20コラム23日【理解】後半20コラムというわけで現在160まで書いていて、90まで公開している。書いても書いても終わらな……続きを読む
2774文字 | 読了6分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】上を見ろ 0091

学んだことをまだそれを知らない人に伝えようとするな。学びの奥にまだ未知の世界がある。勉強は下を向くためにするのではない。上を向くためにする。誰かに伝えていいのはそれが直接上を向く時だけだ。何のために勉強するのか、習得していくのか道を誤ってはならない。戻るための道はない。
153文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】できないやつを切れ 0092

その分野の勉強ができない者、自分の進みよりもはるかに遅いものは切らなければならない。その人はその分野に向いていない。切られなければ向いていないものを永遠と続けることになる。自分は誰かの面倒を見、尻を拭くために勉強しているのではない。人と縁切れすることを恐れるものに勉強する資格はない。勉強という物事も、自力で進む人をもバカにしているし軽んじている。
192文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】専門家を軽く超える 0093

自分が勉強する分野は、その道や分野で第一人者と呼ばれる人や常識となっている理論を軽く打ち破れるものでなくてはならない。それを基軸にする。専門家が人間的にも理論的にもバカに見える分野を勉強によって伸ばす。自分が優れている分野が最も習得率が高くそれ以上伸びる。自分の分野で自分よりも参考になる本など世の中に一冊もない!という分野を見つける必要がある。コンプレックスやマイナスを解消、習得を目的とした勉強な……続きを読む
234文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】 設定を高くする 0094

第一人者の設定を高くしなければならない。その世紀での第一人者、あるいは歴史上の誰かと比較して、または現代最高峰の学者と比肩して、という程度である必要がある。世界中探しても自分より優れている者はそういないであろう、というところを狙わなければならない。学びをするにあたり、人よりも劣るのであればその分野は一生人よりも劣る。優れたところを誰よりも伸ばさなければ学びの意味がない。
204文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】同じ第一人者の分野だけ人に学ぶ 0095

自分がその分野でナンバーワンだと認められる分野を作る。他人の承認や資格はいらない。本質的にそうであればいい。そこを学び、習得し、伸ばし、見出せば、その道のトップが何かわかる。同じようにその道の真のトップを見つけたら、その人からは教わっていい。講師としてお教えを得て構わない。実績や成果は関係無い。知名度や資格も意味をなさない。真の第一人者でなくては意味がない。
198文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】学びはくだらない 0096

学びはくだらない。心と気と美はくだらなくない。素晴らしい。学びはこの3つに良い関わりを持たなければならない。学びのための学びや、成果を出すための学びはくだらない。そんなことをしなくても物事はうまく行く。知識を深め知恵を駆使し、情報を扱い、技術を使いこなすだけのヤツはただのアホだ。どんなに成果を出していても、人が支持していても関係ない。人生にも自分にも役立っていない。自己証明するためにやっている。本……続きを読む
251文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】真実を探るには、 0097

真実を探るには本質を捨てなければならない。例えば医療、医術、薬学など全ての健康と病気に通じる理論を誰よりも理解したとする。駆使でき治療もできるとする。だとしたら次にやることは、その全てを捨てることだ。健康と病気に関わるあらゆる習得がなく、人は健やかにやっていけるかもしれない。勉強と習得、そして自分が見出した本質にとらわれている者は決して真実に至れない。つまり勉学には「その先」がある。
219文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】学びの精度 0098

勉強は脳が自動的にひっかけるところがポイントになる。この引っかけの精度を高め、より正確に、確実にするのが気力だ。気を多めに引っかけポイントに置く。これだけで学びの精度が上がる。勉強の分野を心に留めておく。ある日ふと、関係ない物事同士につながりが生まれて、一気に何かが広がっていくのは心がその分野にあるからだ。これで学びの成果が上がる。勉強が上手い者は「気にかける」「心に留める」。気力と精神力のこの2……続きを読む
239文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

【千式】学びの完璧 0099

完璧さは美しさに通ずる。卓越し研ぎ澄まされなければならない。でなければ美しくない。学びの完璧は本質から真実を見出すことにある。学びが真実を見出し美しくなるのだとしたら、それは何のためにあるのか。例えば宇宙を複雑な数式まで駆使して知覚しようとする人の成果は何か?少なくとも実利ではない。明確な成果も明らかではない。真実を追求するという完璧さは学び以外の他の分野ではない。学びの美は真実にある。本質にも成……続きを読む
232文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月20日

トップに戻るボタン