自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】人生は未来ではない 0240

過ぎたことではなくこれからのことに目を向ける。一見素晴らしいことに思えるが分離している。未来が人生なのではない。確かに過去は変えることができない。だが未来も作ることなどできない。今何に興味を持ち重視すればそれが人生をうまく運ぶのか。人生に必要か。その「今」の繰り返しをするしかない。その積み重ねが未来で方向を決める。今できることをやろう!という理想論ではない。人生に必要な今が何か?を連続させることで……続きを読む
311文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月27日

【千式】髪は命 0241

221~240まで「人生基準」について書いた。ここから「重要な軽視」についてライトな寄り道コラムを10話。髪は女の命というフレーズがある。これを軽視している現代人が多すぎる。髪は命そのものである。生まれてから髪を切ったことがない子の初めての散髪をするときに、何かやってはいけないような、怖い気持ちになったことはないか?なければ相当麻痺している。髪は不用意に切ってはいけない。特に女は伸ばすのがベースで……続きを読む
498文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】エンディングを打つ 0242

はじめることは重視される。気も入る。終わることを決め、選び、ベストなタイミングで終わろうとしない。終わりは自然発生するものだと思っている。終わりのことをいつも考えなければならない。何がいつ終わるのか。今この目の前はいつ終わるのか。この飲み会は自分はいつ終わるか、この仕事はいつ辞めるか。この人とはいつ縁を切るか。終わりがものすごく軽視されている。終わるものは終わる。終わりに詳しく精通しなければならな……続きを読む
323文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】聞くは覚悟 0243

聞くことが誰にとってもものすごく軽視されている。もし聞いておきながら採用しないのであれば、最初から聞かない状態と何も変わらず、時間を使いどちらかまたはどちらもが不快な思いをする。もちろん何を採用するかは自分で決める。だが聞くというのは「この人の言っていることを自分の脳内に入れる」と採用している。なのに採用しない。聞くことは覚悟が伴うことなのに軽視され、大安売りされている。ちょっと教えてといって全否……続きを読む
321文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】自由は死んだ 0244

自由は概念の中でもっとも軽視される。自由を一番縛るのは愛になる。感情の問題ではない事実の問題だ。愛が深ければ深いほど自由は制限される。同じように現実によって自由は殺される。現実的になさなければならないことの前では自由は死に、不自由だけが生き残る。最後に未来に自由は殺される。まだない未来は自由だと思われている。だが未来を想定するということは、それを作れるべくして作るということだ。自由にやるということ……続きを読む
346文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】包丁の扱い 0245

包丁の扱いが雑な者は信用できないだけではなく軽蔑できる。例えば、包丁を一度置くとき、まな板の上、右側に持ち手があり刃は当然奥を向いているように置くべきだ。逆にいえばただそれだけでいい。雑に扱えば不慮の怪我に遭うリスクは高まる。毎度置き場が違うか、危ない置き方をしているということは想像力が欠落していることが読み取れる。普段から想像性と人間関係に欠ける可能性が高い。そして何よりも、包丁の位置が作業の可……続きを読む
365文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】良い雛形 0246

良い雛形を守っていると人を軽視するようになる。例えば、子供の目を見て話す、抱きしめたほうがいい、という雛形を守ると相手の個性は無視される。親と親の雛形の元に愛情を示されるのだなと理解されてしまう。相手を軽視することになる。良い雛形があることを知ることは大切なことが多い。それによって相手が軽視されることを知らない人もまた多い。やってる気分になっている。良い雛形は参考資料にして軽視しなければならない。……続きを読む
249文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】オレが勧めるもの 0247

オレはオレの勧めを採用しない者を軽蔑する。勧めを軽視するというのはインテリジェンスがない。勧める物事に精通している。でなければ勧めない。相手の個性にとって必要かそうではないかを個別化している。一致しなければ勧めない。「採用したほうがいい」程度なら「どちらでもいい」「自分で決めて」という。相手が採用の可否を決めることを尊重している。だが同時に、相手が絶対に至れない視点と強度があり、かつ必要であれば他……続きを読む
248文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】目の前 0248

目の前の軽視は本当によくあるが実に救い難い。目の前の仕事ではなくその後の仕事のことを考える。目の前のレジャーではなく、レジャー後の晩飯を考える。今質問したことだけではなく、その後のこと、その質問から派生すること、やばいことに先手を打つ。目の前のことを軽視して、その後のことや恐れを重視する。何も信用できない。目の前で言っていることはそのまま聞く。分かりやすく変換してしまえばもう目の前は目の前でなくな……続きを読む
371文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

【千式】どちらかを選ぶ 0249

奥さんとその他2人と食事をするとする。1番大事なのは奥さんだ。いつも通り、身近でもっとも大切な人に気を使い、心を配るべきだ。だが、こうも考えられる。日本人として気をうまく扱う文化がある。奥さんを見ず、ゲストの2人を見て満足してもらうために気を集中する。上座に置く。それもまたその場では1番にするべき大事なことではないか?それを奥さんも理解している、つまり気が使えているならいい関係を築けている。さてど……続きを読む
348文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月28日

トップに戻るボタン