自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】超越才能を使いはじめる 0289

超越才能の当たりをつけるには、これまでとは違った分野、違った行動、違った人間を採用しなければならない。そのどれが当たるかはわからない。自分の知覚的にこれがそうだ!というものを探るしかない。もっとも強い強みやセンスの中には、それをもたらしている何十倍かの超越才能がある可能性がある。そこをピンポイントに、飛躍的に伸ばす行動をしてみるのも2つ目の方法になる。子供の頃長けていた才能を親に聞く方法もある。直……続きを読む
353文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月2日

【千式】負荷が超越才能を生む 0290

超越才能が引き継ぐ力であるとするならば、自分ひとりの人間に数多くの超越才能が眠っている可能性がある。どれもこれも、目の前の現実を見て「絶望しか感じない」物事に対して効果を発揮することがある。絶望でなければ「根本的諦め」「手に負えない大問題」「どん底」でもいい。超越才能は精神と気に負荷をかけ、完璧を追求していなければ到りにくい。通常の平和な幸せや強みによるスムーズな成功では、つまり負荷がなくては、自……続きを読む
307文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月2日

【千式】良い行い 0291

271から290話まで「超越才能」について書きました。ここからその超越才能のメカニズムになる「全体性」について書きます。人は良いことを行おうとする。良いこととは、人の基準で人が勝手に決めたものだ。だが、どういうわけか歴史上、洋の東西上、良いことというのは共通認識のように備わっている。心臓がなぜか左に配置されるように、良いことも人の心に配置されている。そして良いことを向き、行えば心が感動したり感謝し……続きを読む
380文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】うまくいくこと 0292

良い方向に向きその感情を感じるように、人はうまくいくように思考する。うまくいくというのは何か?いろいろとあるとは思うがこれも人類がなぜか共通的に持っている。人は放っておくとうまく行こうとする。そういう働きかけが起こる。放っておかずに考えはじめると「自然の状態よりもよりうまく」いこうとする。ともあれうまく行こうとする。誰もが「ダメになろう」とずっと維持することができない。
208文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】人から認められる 0293

良いことや、うまくいくことに向かうために人は大きな集団を作ろうとする。紆余曲折があり歩みが遅くても「全体」で見れば人類は何か方向付けされたのではないか?という方に向かって進んでいる。全体的に見れば良く、うまくなってきている。ところが個人の誰も全体がうまくいくために頑張ろうなどとは思わない。自分が良く、自分がうまくいくために感じ、考える。それはときに間違うことも失敗することもある。自分で自分を制約す……続きを読む
296文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】自分を生かす 0294

誰もが自分を生かそうとする。良いこと、うまくいくことを、人から認められて進めるのに自分の力で進もうとする。自力と能動を優先する。自分には何ができるか?と考え、何もできないことが明らかになれば失望する。これも心の働きとしてなぜかそういうものがある。人から認められれば落ちず、自分を生かせればより効果的に「良いこと」「うまくいくこと」に打ち込める。この4つが1セットで組み込まれている。そして誰が何を教え……続きを読む
249文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】一定%の足止め 0295

個々人が無目的に、自分が良く、うまくいく方向を目指してもある一定の%で足止めされる人たちがいる。例えば人から認められない人がいる。自分で人から認められることを拒否し、セーブし、少なめに調整する癖がある人もいる。自分を生かさない人もいる。社会や他人の言うことを正しいとして自分を失い、外の世界の基準を満たすために自分を使う。悪くすると病気になったり燃え尽きて寝たきりになることもある。この一定%はなぜか……続きを読む
247文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】一定%の革新 0296

一定%の足止めが存在するのとは逆に、これもまたなぜか一定%で新しいものを好み、創造し、イノベーションしていく人たちがいる。誰に教えられたわけでもなく、彼らはそうする。例えば天才と呼ばれる人の中には日常生活がままならなかったり、プライベートが全く充足していない人もいる。それでも人生全般を通じて見てみると満足な生き方をしていることがある。そういう革新的な人はどのような状況下でも必ず生まれる。足止めされ……続きを読む
277文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】大きくなる 0297

事業でも習い事でもなんでもいいが、人は大きくなろうとする。事業規模や売り上げを。大会でのランクを。持ち家を、車を。個人ではある分野で足止めされるかもしれないし、別の分野で革新するかもしれない。不安定で個人的に見れば失敗するかもしれない。だが集団になったり、大きくなると全体的には進むことができるようになる。誰かが失敗しても人類に悪影響はない。同じことが人が「大きくなろうとする」というメカニズムに組み……続きを読む
282文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】全体性とは? 0298

人の心が本当に求めることを進めていくと、人類の何かが必ず進む。これを「全体性」という。人類がどこに進むのは個人は知覚できない。個人の知覚範囲を超えていて認識できない。だが数千年の流れを見れば明らかにいくつかの方向付けがあることがわかる。その方向には確実に進む。だが、個人はそれを意識しない。そして個人はそちらに進もうとすら思っていない。自分のことと自分の周囲のことしか考えていない。個人の可能性は無限……続きを読む
320文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

トップに戻るボタン