自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】純性ではない可能性 0309

オレは人、それも個人の可能性を考えてしまう。もっと高く羽ばたけるのではないか?と思ってしまう。それ自体全体性のプログラム通りかもしれない。だからそのプログラムを超えることが最大の「可能性」ではないか?と思ってしまう。だが実際には、全体性の速度を早め、もっとスムーズに進めることをやっているのだと思う。少なくとも自分と自分の周囲にはそれをやっている。結局は枠組みの中のできごとなのか。それがいいとも悪い……続きを読む
311文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】虚しさ 0310

全体性があり純性があるということは、ある意味相応以上の努力をしなくても、自分を変えなくても別に構わないということだ。実際に多くの人は自分の今まで培ってきた純性を頑なに変えない。人を変えるのは難しい。人と心を通じあわせ、理解し合おうと思ったときに変わらないことを優先されると虚しくなる。この虚しさを感じることが個人の原動力を奪うとしても、それ自体が全体性に必要だからだと見ることもできる。真に虚しいのは……続きを読む
340文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】全体性と人間性 0311

全体性の中に人間性がある。人間性は人間に備わっている「素晴らしい特徴」だといえる。全体性のことを無視して純性通りに進むなら人間性を生かすしかない。人間らしく生き、人間としてあるべき姿を追及するしかない。それが心を磨き、気を扱えるようにし、美しさを求め、学び、理解することにつながる。心の真実に立ち戻る自分で生きることになる。
179文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】純性と個性 0312

ただ漫然と生きていても純性は勝手に発揮される。純性の中に個性がある。個性も多種多様で様々なものがいくつもある。それをひとつひとつ拾い集め、使い切ることが個性を生かすことになる。純性の枠組みの中でしかないかもしれないが、すくなくとも純性をやりきることはできる。
142文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】役割を探る 0313

全体性と純性の関係を理解していれば、自分にどのような人間性と個性が備わっているか?ということを知ることで全体・・・人類の方向に対する(ごくごく小さな)自分の役割を知ることができる。だが知ったところでどうということはない。役割を知ることの唯一のメリットは、自分の現在地を知りどこに向かうのかおぼろげに方向が見えることにある。方向が見えなくても進むものだが、方向が見えれば人間的にやっていくことを考えると……続きを読む
233文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】希望と虚しさ 0314

自分がこれまで培ってきた歴史は、自分が自分であることを証明してくれる。頑張りや、頑張らずに簡単にできたこと、人間関係、感情、思考。だが同時に、こういった人間性は人間が意識できる原動力として備わっているだけで、実は真実はそんなことをしなくてもそうなったかもしれない。純性通りに進めばどのような道を通ろうともそうなるべくしてなっているかもしれない。この表裏一体を肯定することが、希望と虚しさを両立させ、人……続きを読む
229文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】再現性はない 0315

全体性と人間性を考えるならこうなる。プログラムされた自由意志によって動いている。プログラム通りに動いているのなら虚しくなり、自由意志によって動いているなら希望を持てる。この2つは「同じこと」だ。この同じことの組み合わせは無数にあり、純性により役割が決まっているとしても、人生のパターンは幾通りもある。同じときに同じ人間として生まれていても、いつも必ず絶対に今と同じようになったとはいえない。人間性に再……続きを読む
223文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】決定論よりも可能性 0316

人間性に再現性がないのなら、成功法則は成り立たない。再現性がないということが自由であり、自分の可能性が無限であることを示す。それが全体性の中のできごとであるとしても、だ。であるなら、見るべきは全体性や決定論ではなく、個人であり可能性であるということになる。そして個人と可能性を見て進めるためには全体性と決定論が何であるかを知っておく必要がある。この表裏一体は必ず同じ位置にある。
210文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】ダブル 0317

自分が認識できる自分を2人持つ。ひとりは人間性と個性を生かし、感じ、考え、努力し、楽をする、これまで通り認識できる自分。因果関係や相関性があり、自分を運ぶべく運ぶ自分がいる。同時に寸分たがわず重なり合っている自分も認識できる。全体性の方向に向かい、純性を守り、その通りに生きる自分。必ずなされるべき結果になり、心地の良い委ねの中に生きる自分。このダブルが自分であると認識する。
210文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

【千式】未知の自分 0318

ダブルの現実を打ち破るのが超越才能になる。あるいは、超越才能以外の失われた記憶・・・つまり自然放棄を取り戻すことになる。人間に、摂理上の真の可能性があるとしたらこれしかない。これも全体性である可能性はあるが、全体性を超える可能性もある。その自分もやはり自分自身だといえる。本当の意味で未知の自分はここにしかない。
174文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月3日

トップに戻るボタン