自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】攻撃力を高める必要 0397

攻撃力は高めなければならない。理由は簡単だ。自分だけではなく自分の大切な人も尊厳を侵略される可能性があるからだ。自分を守るだけなら簡単でも自分の嫁や旦那、子供を守るとなるとそれなりのバリエーションが必要になる。誰 がどのように、不可抗力や常識をタテに侵略されるかはわからない。こちらにブロックや前提間違いがないのであればそれは偶発的に起こる。その偶然を我慢で 乗り切るのなら、「自分の大切な人は、私が……続きを読む
270文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月9日

【千式】相手を自分とする 0398

自分のことのように相手の尊厳のことを考える。大切にする。誰かが自分の尊厳を自分でないがしろにしているのであれば、指摘し改めさせる。それでも拒むことを選択するなら切る。これが復讐になる。相手が尊厳をないがしろにしていることを認め許せば、もう一生自分らしい生き方はできない。それを応援するということは間接的に相手の尊厳を侵していることになる。切るというのは、その気はなくても復讐していることになる。自分の……続きを読む
313文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月9日

【千式】復讐後の人生 0399

自分と自分の大切な人の尊厳が守られ、いつでも復讐が可能な体制になったら、その尊厳を促進させる生き方を選ぶ必要がある。人として、自分として、守られ認められ許されるべきがそうなっただけではただのベースでしかない。ひとつはより周囲の人の尊厳を守ることを行う。正しい復讐のしかたを人に伝えていく。もうひとつはベースとなる尊厳の上にある、「自分の特徴」と「今の環境」をマッチングさせ、存分に自分を生かすことがで……続きを読む
278文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月9日

【千式】最大の復讐 0400

最大の復讐は相手から人生を奪うことにある。殺すのか、廃人にするのか、希望を無くさせるのかは異なる。その最大強度の復讐を考えていいときは、その相手が人の尊厳ではなく人生を奪おうとして奪った場合だ。大切な人の尊厳と人生が例えば事故などで不意になくなることはある。これは残念だが起こり得る。だが、奪ってやる目的で奪う場合がある。これが最大復讐を検討する機会になる。もちろんそういうことは滅多にない。だがもし……続きを読む
308文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月9日

【千式】本を読む習慣 0401

391~400話まで「復讐」について書いた。ここから「回顧録」。子供の頃からとかく本を読んできた。子供の頃は童話、伝記から始まって小説。歴史小説。ファンタジー。江戸川乱歩などの推理小説。実用書ならサッカーの本、将棋の本。脳内で文字の世界を再現することをよくやってきた。外でも結構よく遊んだ方だと思うが、特に小説を読むことでイメージできる世界のことはよく考えてきたと思う。父親がよく本を読む影響もあって……続きを読む
312文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月10日

【千式】孫子 0402

父親の本棚にあふれんばかりの本があったが、高学年ぐらいになると自分の本棚にも小説が並びまくった。赤川次郎が最も多かった。記憶にあるところだと筒井康隆とシドニー・シェルダンをよく読んだ。父親の本棚にある歴史小説を読み始めた。そこから歴史にはまった。当時から信長の野望や三国志といったPCのゲームがあり、それを友達の家で散々やった。そこから孫子に入って中国古典を次々と読んだ。高校を卒業してオーストラリア……続きを読む
257文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月10日

【千式】カンフー 0403

うちはそんなに金のある家ではなかったので、信長の野望や三国志は友達の家でずっとやっていた。小学校から高校までひたすらやり続けた。三国志から中国古典に入り、孫子などの兵法書、韓非子などの思想書を片っぱしから読んだ。三国志より古い漢、秦、春秋戦国、それ以前の商などを勉強し、大人になってから隋唐を読んだ。子供の頃にテレビでやっていたジャッキー・チェンやリーリンチェイ(今のジェット・リー)のカンフー映画を……続きを読む
257文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月10日

【千式】ドラッカー 0404

本に話を戻すと、よく読む習慣が復帰したのは事業をはじめてからで、それこそビジネス書を読みまくった。最後にまとめてブックオフに売って6万ぐらいもらった記憶がある。他に自己啓発書を読んだ。中国古典ももう一度読んだ。ハーバードビジネスレビューなどの雑誌もよく読んだ。ニューズウイークなどの国際情勢に関わる雑誌、女性を知るために読んだ女性誌、ファッション誌、経済誌など雑誌も月20冊以上は読んでいたと思う。本……続きを読む
365文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月10日

【千式】小説復帰 0405

事業一度やめてから、セミリタイアみたいな生活をしていた。その時に子供の頃よく読んだ小説をもう一度読もうと思った。1日1冊のペースで読みまくった。東野圭吾、宮部みゆき、村上春樹など有名どころも読んだし、当時の新人やほんわか系小説もよく読んだ。ミステリー、ホラー、ヒューマン、ラブ、ファンタジーなんでも読んだ。自分が好きなものだけではなくよくわからないものも読んだし、一人の作家をコンプリした数も多かった……続きを読む
288文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月10日

【千式】複数のブログ 0406

ハイペースで本を読んだので、記録を兼ねて読書感想のブログを作った。自分が何に響いたり感心したか、どこがポイントなのか?ということを書き続けた。書いているうちに他の本のブロガーと交流ができてきて、コメントでコミュニケーションを取る手法が明らかになってきた。これは今のネットビジネスの基礎になっている。同時に本以外のブログも15個ぐらい作り、ジャンルを変えて運営してみた。ダメなものもあれば、うまくいった……続きを読む
324文字 | 読了1分 | 投稿日2015年7月10日

トップに戻るボタン