自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】ムー大陸 0587

そういえば子供の頃ムー大陸に興味あったな。ロマンを感じた。スピは何も感じなかった。大陸が沈むねんで。文明が消え去るねんで・・・・がびょーん、みたいな。あとあれ。火星と木星の間の小惑星帯。あれなんかもう絶対星やってんで。それが滅んでんで。もしかしたらもっと文明があって兵器とかで・・・・がびょーん、みたいな。あとサバイバルの生き抜き方みたいな小さい本があって、飢えたときはイモムシをフライパンで炒るとポ……続きを読む
298文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月9日

【千式】女あそび 0588

男なんで女遊びをしたいと思ったことは何度もあるけど、結局今まで一度もしてないな。男が好んで行くお金を払っていくところも行ったことがないし、とっかえひっかえ女をコレクションにしたこともない。どうも尊厳を重んじるみたいだ。そんなことをされていい女はひとりもいないと決まっているらしい。自分の中で。だから自分からそんな立場に身を置くやつ(女じゃなくても)を見ると急速にイヤになる。このオレ様が尊厳を重んじて……続きを読む
278文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月9日

【千式】男の戦い 0589

なんかな。男といえば正面からの戦いやねん。協調する男が多すぎる。なんなら負け癖がつき、逃げる男も多すぎる。戦いたい男ではなく、戦うべきときに全身全霊で立ち向かう男。で、それはいざという時にはやる・・・ではなく、戦うべきフィールドを探し続けるのが男ってもんちゃうかな。いざとなったら強いで、準備もしてるで、でも普段は戦わへんで、戦わない幸せもあるねんで、幸せを満喫できる時代やで、なんていう素晴らしい毎……続きを読む
261文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月9日

【千式】右脳って感覚か? 0590

そもそも右脳で書くって難しいよな。だって文字がもう左脳機能やん。言語も。よく考えたらそういうことではないか?と思った。不明確なイメージをなんとか文字で表すと右脳なのか。表現できないものをなんとか表現するというか。そもそも右脳機能ってよくわかられていないよな。感覚や直感っていうけど両脳使ってるし。音楽やっていうけど音楽も体系やし。感覚的な行動は現実やし。抽象画ぐらい?しか思い浮かばない。それも芸術と……続きを読む
309文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月9日

【千式】標準値以下 0591

551~590まで「ランダムな思いつき」を書いた。ここから出現する未来に戻って「標準値」について書く。 ブロックをとるとか、心にある言いたいことを言えるようにする、心の声に従って生きる、自分で決めて自分で選ぶ。なんなら、稼ぐ、結婚する、幸せである、欲しいものが手に入る。ただ普通に上手くいく。それが標準値であるということが全然知られていない。プラスマイナスゼロのポイント。マイナスの基準がどんどん解消……続きを読む
292文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月10日

【千式】スタート以降 0592

いま抱えている不整合がなくなり、思い通りにできるようになったらどうするんだ?で?それから?しかもそれが目標や未来ではなく、ただの現在地・・・つまり標準値でしかない。マイナスごっこでそれが見えなくなっている。がんばることもプラスを目指すこともマイナスごっこ。誰もが全てがうまく行っている状態で、そこから本来の自分の使い道が決まる。スタートラインに立ってからマラソンがはじまる。そのうまくいくようにできて……続きを読む
264文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月10日

【千式】走り出す 0593

何事もうまくいっているのだとしたら?その後どうしたいのか。どうなるのか。その問いかけを「最初から」行うことで消え去るマイナスがある。結局多くの人が、多くの場合、最初からスタートラインに立っているので、自分でまだ準備ができていないとか、他の人はマイナス100歩目にいるとか言い出して自分を下げる。もう標準値なのであれば準備などしている場合ではない。全てがうまく運ぶ世界でこそ、自分がどのように進むかを決……続きを読む
317文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月10日

【千式】伴走 0594

何事もうまくいく世界で、常に準備不足でありながら走り出す。何をどのように進めるかは手持ちの駒からはじめる。例えば強みを使う。標準値では強みはすでにある程度発掘されている。強み発掘は特別なことではなく普通でしかない。自分を知るということは当たり前のことであって、感動するようなことではない。自分の手駒を使いながら、誰とその世界を歩むか?を選び続ける。標準値以降のプラスのみの世界で最も大切なことは誰と伴……続きを読む
339文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月10日

【千式】向きの間違い 0595

素直であるかどうかとか、ブロックがあるかどうかとか、そういうマイナスはとうにクリアされている。強みを使うことも個性を使うことも前提として当たり前になる。そういう者同士で何で結びつきあい、何では結びつかないか、そしてどの方向に進むかだけを心配する。心配というのは心配りのことだ。間違ってもプラスの世界をもつことをいいことに、マイナスの人に手を差し伸べるようなことをしてはならない。プラスを共に進む者と進……続きを読む
271文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月10日

【千式】最大値 0596

もしも自分が誰かを救い引き上げることが向いており、むしろそれを誰かと共にプラスの世界でやりたいのだとしても、それをやってはならない。目的とすることを目的にしてはならない。困難だけが目の前に出現する。目的を本当に得たいのであれば、その2歩、3歩先をやらなければならない。本来本当に必要なことをしなければならない。そうすれば1歩目は簡単に手に入るようになる。例えば貧困にあえぐ現実を変えたいのであれば、救……続きを読む
322文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月10日

トップに戻るボタン