自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】事業の金使い 0607

得られた金は次の経済活動と、人を集め評価されるようなしくみに使う。「成果の評価」を拡大できなければビジネスで成功しても事業としては大きくなれない。金は使うために稼ぐ。成果を出す人により使う。もうひとつ。成果の評価は多くの人が行う。多くの人が成果を評価できるようにするために使わなければならない。強みを評価し、強みの成果を知ることができ、自分もそうなりたいと思ったときに、そうなれるための手段がある。そ……続きを読む
251文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月11日

【千式】失敗に金 0608

次の段階で、「強みで成果を出し評価されている人」が儲からなくてはならない。そしてその人が儲かった金を使って、自分の強みを超える成果を出せるようにする。その人のタイプにもよるが、そのうち個人にとって金はどうでも良くなる。潤沢にあることが保証されれば金に興味をなくす人は増える。より強みに集中できるようになる。だが、その集団に金が集まってくるようにはなっている必要がある。どんどん集まるために組織が力をつ……続きを読む
350文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月11日

【千式】集まれ 0609

つまり、金を集めることができる者が必要になる。単純にビジネスがうまいのではなく、経済活動を盛り上げ、持続させる者が必要になる。金を集めるのではなく、金が集まるようにできる人が必要になる。金の集まるところに人は集まる。これは鉄則だ。今必要で、これから作って行く集団の人の特徴をここまでに書いた。他にも裏方が必要だし、作業をする人が必要だろうと思う。だけど、最も大事なことは標準値が最初からプラスにあるな……続きを読む
451文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月11日

【千式】未来を出現させる 0610

有能な人材が集まっても未来など作れない。誰かがリーダーシップを発揮しても未来は作れない。誰もこの事実を認めようとしない。マネジメントで組織をうまくまわしても未来は作れない。まず標準値がマイナスにあるという理由もある。標準値はプラスになければならない。だがそれでも未来保証にはならない。出現しないことが多い。大事なことは未来が出現するように「なる」現実を作れる人材が集まるかどうか?にかかっている。それ……続きを読む
454文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月11日

【千式】プライベート 0611

プライベートでも自分の通り方に必要な人がいる。今現在も満足な状態にあるけど、もっとその満足が増えることを拒否はしていない。まずプライベートでも先駆する考え方のオレがいる。結婚はするに決まっている。家族と家庭は現在別々にあり、それはそれで好ましい。これは将来十分に変わり得るが、この形が複数になってもいいし、結婚して家庭と家族が統合されるかもしれない。プライベートにおいても自分の可能性を追求することし……続きを読む
275文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】3種の人 0612

住みたいところに住む。引越しは30回以上してきた。付き合いたい人と付き合う。異性と付き合った数も多いと思う。1日で終わることもある。家政婦と住んでロンの面倒を見てもらうこともする。そのために金も使う。付き合う人にも、家政婦にも、娘にも金を使っている。今後も自分が良いと思える形を誰の視線も気にせずに作ると思う。そのときに必要な人が、その視点と方向の理解者、その状態の協力者、そして共に歩む人、の3種類……続きを読む
340文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】理解者 0613

視点と方向の理解者は、精神的な後押しになる。オレが持っている思考、やっていること、そしてその結果に対して理解される必要がある。その結果になったらオレがどんな風になるのかを知っている必要がある。だからやっていることを応援するというのは理解者にならない。オレがやっていること、先駆していることがおもしろい、興味がある、次は何をやらかしてくれるのか気になるという人が理解の入口にいる。それは伸ばすべきだし、……続きを読む
292文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】状態の協力者 0614

状態の協力者というのは、オレがプライベートで個性の振る舞いを行うのに協力してくれる人のこと。今ならロンの面倒を見てくれたり、食事を作ってくれるあきらがそれにあたる。自分の思う形にトライするときに、好きなようにやれよ、ダメなら戻って来ればいいと言ってくれる周囲の人も当てはまる。オレの個性的なプライベートにもっと興味を示し、それを伸ばすことができる人がまだまだいるはずだ。協力することで自分が伸びるはず……続きを読む
394文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】共に歩む人 0615

プライベートで共に歩むというと、真っ先に来るのは嫁になる。心を通じあわせることと、何かを目指すということの両立を行う。だが、嫁でなくプライベートで何かそういうこともできるはずだと思う。ライトなところで言えば趣味仲間がある。共に歩むには方向性があり、その方向に対して成果や気持ちを分かち合う。オレの場合趣味は極端に少なく、人付きあいが悪く、知らない人とコミュニケーションを取りたくない。だから仕事の仲間……続きを読む
319文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】人生の卓越者 0616

これまで目上(主に年上)の人でロクな人に巡り合ったことがない。見本や手本になったことはなく、全て自分で開拓してきた。もちろん子供にも学ぶところはたくさんあるが、そういうことではない。自分の人生を歩むということに関して卓越している人がなかなかいない。そういう人がいるならぜひ友達になりたい。技術力が高いとか、すごいプロってのはいると思う。技術に関して人間はものすごい研磨をしてきた。それは一時素晴らしい……続きを読む
276文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

トップに戻るボタン