自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】本質トーク 0617

概念と本質に関しての世界構築がうまく、理論と直感の両方に長けている人と深い話がしたい。深すぎる素晴らしい人は周囲に数人いる。それはそれでいい。だが、その方向は必ずしもオレ自身の方向と一致しない。最近だとNHKでやっていたハーバードの教授や背景の適切な世界を作る漫画家などが視野に入るが、実際のところ話してみなければわからないだろうし、自分で見つけることが自分でうまいとも思えない。人の本質に関して、正……続きを読む
267文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】喜ばせる人 0618

遊びに全く興味を示すことができない。体を動かすことも同じ。騒がしくする意味がわからない。なんならバーベキューで男が焼くとか全く興味がない。趣味は限りなく少なく、限りある中だとひとりで完結する内的なことが多い。そのオレを喜ばせる術を持っている人と仲良くなりたい。楽しませる、でもいい。仕事上はそれは結構できるんだが、プライベートでは創造力の限界にきている。人の力を頼るほかない。30前後で付き合っていた……続きを読む
336文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】よい教師 0619

弱み、あるいは現実中の現実だと諦めているが、もし存在するものならよい教師に巡り会いたい。もちろんオレが教えてもらう前提で、だ。オレにものを教えられる人がいるのだろうか?部分的、分野的にならもちろんいるだろうけども、総合的、体系的にいるとはどうしても思えない。教えるということは知識に精通しているだけではない。成果を早く確実に導き、有効に自分を使わせなければならない。そんな人がどうしてもいなかったし、……続きを読む
277文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】なんとなくな人 0620

なんとなく近くにいれる人、がいるべきな気がしている。心が通うとか協力するとかそういうのがない。ただ近くにいる。箸にも棒にもかからない。メリットもデメリットもない。近くにいられるということは、オレがイライラせず、期待もせず、邪魔で迷惑でもなければ、ありがたいとも思わない。ただし、いなければ何かの調味料が欠けている不足感を感じるようなそんな存在が必要だと思っている。もしかしたらそれはペットかもしれない……続きを読む
285文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月12日

【千式】金を払え 0621

オレが、金を提供され続けなければならない。標準値後の世界、つまりどうなるかは未知でわからない世界を作ることへの金銭的投資をする人が必要になる。オレの知識投資に対して不労所得を与えるべきで、その金は周囲の標準値後の世界に使われる。大きな評価やまた金が集中するような仕組みにも使われる。標準値後の世界を作れる人に再投資される。ビジネスが得意な人はオレを有効に使い支払うべきだし、投資が得意な人は資産のリタ……続きを読む
370文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月13日

【千式】実務家 0622

大きく評価され、経済が集まる場から出現する未来を作る。その未来をは標準値以降の人によって作られる。その「人」の中には、オレの言っていることをそのまま体現できる人が必要になる。出現する未来はよく分からない。評価と経済の場が生み出す予想できない成果もよく分からない。それを読んで次の方向を示すのがオレの仕事であり、それに従って現実化できる者が必要になる。既存の成功や幸せ、成果を生み出す考え方しかできない……続きを読む
405文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月13日

【千式】未来に近い者 0623

頭がいいやつはいらない。行動力があるやつもいらない。楽しむことを知っているやつや、稼ぐことができるやつもいらない。いるのは未来を作ることができるやつ。そしてその活動を支援する金と評価(マーケット)があるやつだ。頭がいいやつは頭がいい視点で考える。行動できるやつは行動からやる。楽しむことを知っているやつは楽しみで判断し、稼ぐことができるやつはビジネス視点で物事を捉える。そういうやつらから未来は出現し……続きを読む
465文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月13日

【千式】自分の特化 0624

成果を上げ成功する者が未来を作るものだと思われている。実際成功している人は未来のことを偉そうに話す。だが成功者が行うのはどこまでも過去の再現であり、未来創造ではない。成功者が未来の方向を示すと大概大失敗する。本質的に可能性や未来が何かわかっていない。子供の頃はほとんどの人が可能性にトライした。わからなさすぎるこの世界の中で真似をしたり、組み合わせたり、想像し創造して世界を認識するとともに、こうした……続きを読む
431文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月13日

【千式】標準値後の世界 0625

成功には達成されるべき目的がある。幸せには現状肯定する意味がある。出現する未来や可能性に長けている人は、目的と意味を放棄する。達成と肯定を無視する。最初は生み出せるものを生み出せるように生み出す。これで「生み出す」ということがわかるようになる。人が関わってくると生み出せるものと生み出せないものが出てくる。自分の強みで生み出せるものもわかってくる。だがそこに特化すると自分の限定が起こり、成功と幸せの……続きを読む
461文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月13日

【千式】可能性の経験 0626

成功と幸せの放棄がベースにあるので、だから、可能性や未来に長けている人はほとんどいない。創造が得意な者も、自分個人の強みの範疇で活動したがる。しかも分野を特化する。標準値後の世界を出現させる人は本当に少ない。そういう人がいなければ、成功者や幸せを得ている標準値が高い人をどのように繰り、扱うか組み合わせや用途を考える必要がある。その力によって未来を出現させる。だが同時に、わかりやすい目標を立てること……続きを読む
420文字 | 読了1分 | 投稿日2015年8月13日

トップに戻るボタン