自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】組み合わせ 0703

マネジメントする人に必要なことは、だから、人にどの力(強み)を発揮させれば、これまでにないどんな方向を見いだすことができるか?と考える視点になる。マネジメントする人だけではなく、未来に進む人、可能性に挑戦するすべての人にこの考え方が必要となる。成果を生み出す考え方・・・結論を導く行動は何か?何をやるべきか?・・・を捨てて、可能性が生まれる強みの組み合わせは何か、誰にどの強みをより使わせる必要がある……続きを読む
521文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】方向誘導 0704

だが特に最初、思うように人が集まらないことがある。その後もそういうことは起こる。今必要な強みを持つ人が、今はいないということもある。人が不確定だったり、だからどうなるかわからなさすぎるときは、方向誘導する。こう構築するんですよを抽象的に定める。例えば「一人でやるより二人でやった方が効率が上がる」とか、わかってるところから組み立てる。構築する。ただし効率が上がっても、構築はできてしまうようになってい……続きを読む
472文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】なされるべきこと 0705

だから構築考えるときは、構築後は必ずこうなっている必要がある!ということや、構築後の世界観はこうだ、という、やはり抽象的ながら、強く確定できるものを定める必要がある。それが「なされるべきこと」になり、そこからなされるべきがなされるように、そうならざるを得なくなるようにパーツをそろえていく。人の強みも組み合わせる。目標から逆算して行動を決めるのではない。その方法は成果を上げるときもうまくいかない。あ……続きを読む
452文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】世界観構築 0706

例えばセミナー講師を養成しようと思うなら、その強みを持った人に全て任せてチェックや管理などもしない。うまくいくことはわかっているが、明確な成果が出るかどうかはわからない。しかしやり続けることで、その人が講師養成の世界を構築する。もし強みを持った適任がいないなら方向を定める。講師が養成されざるを得ない方法は何か?を採用する。例えば大量のセミナーサンプルや動画、レジュメを全て無料で公開し、自分に合った……続きを読む
595文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】なされるべきは方向性 0707

だから、モデリングなどの技術、つまり成果を生み出すための手法で、構築を真似ることはできない。真似ることだけならできるとしても、その構築されるべくされた背景をコピーすることはできない。これはスタバを真似るタリーズのような感じに似ている。なされるべきは方向性であり、成果ではない。方向性に向けて他力を集め使う。どうなるかわからない。わからないがひとつの方向に向かって確実に進むことはわかる。そのために必要……続きを読む
520文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】着地点不明 0708

ただ人を集め自由にさせるだけならサークルだ。早いうちに離散する。集まった人と一緒に何かを目指せば成功になる。通じ合う何かを認めれば幸せになる。いずれも可能性、出現する未来、世界観の構築にはならない。すでにある世界で自分を運ぶだけにしかならず、未来には再現しか生まれない。「なされるべきこと」という方向性から未来は出現する。もちろん概念から生まれるのではなく、それを生み出す(生み出されてしまう)行為行……続きを読む
583文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】シルクロード 0709

「方向を決めて進み、構築されてしまう」もの。これが出現する未来になる。最初は近くの人と物を交換し商売をしていた。すると、その相手は東の向こう側とも商売をしているらしい。相手の向こう側の商品も入ってくるようになる。その向こう側は、また向こう側と取引をし、その向こう側もまた向こう側と取引をしている。そうしていつの間にか長い一本道が構築されたのがシルクロードになる。一旦道が築かれればロングスパンで行商す……続きを読む
508文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】偶然と自己組織化 0710

方向を示し、構築し、未来を扱うということは、偶然と自己組織化を扱う。偶然がなぜ起こってしまうのか。どんなときにどんな偶然があるのか。なぜたまたまそうなったのか。理由や答えはないかもしれない。あるものもあるかもしれない。それを知る。そして理由や答えがわかってもわからなくても、偶然が起こったときにどのように捉え、進めるか?を知らなければならない。自己組織化はある一定の条件が揃えば、自動的にこうなってし……続きを読む
543文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月1日

【千式】長期戦 0711

世界構築には時間がかかる。ビジネスの仕込みや、技術の習得など目ではないほど時間がかかる。設計の最初で間違えてしまうと、何十年後に何も答えが出ないか、こんなはずじゃなかったという答えを導いてしまう。短期的な成果までしか見えない人に世界構築はできない。長期的な先が見えると嘘をつく人にも世界構築はできない。自分の経験で語る人にもできないし、誰かがやったことを再現できると思っている人にもできない。世界構築……続きを読む
476文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月2日

【千式】変わらない 0712

世界はなかなか変わらない。歩みはのろい。「今はもうこんな時代だ」とボミったことを言ってもそうはならない。革新や革命すら時間がかかる。世界が変わらない理由を知らなければならない。人間心理的に変わらない。世界の成り立ちが土台をベースにあることで変わらない。集大成の方が結局は優れているという意味で変わらないし、進化の過程はいつも超長期だという自然の条件によっても変わらない。人が成功や幸せに安住する全体性……続きを読む
501文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月2日

トップに戻るボタン