自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】しくみ化 0722

現場では、圧倒的に1歩目に進むか進まないかで悩んでいる人がいる。5歩目を歩く人はもはやその現場にいることはできない。だが現場の現状や現実を無視することはもっとできない。これまで提供してきた1歩目や2歩目を拡大する必要に迫られる。何かの形で量産体制を築かなくてはならなくなる。それは人数によってか、機械によってか、効率によってか、制度によってかはわからない。モノによって異なる。だが必ず数をさばけるよう……続きを読む
461文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】整備拡張 0723

4歩目5歩目まで先行すると道はかなり見えるようになる。速い人はその道をどんどん歩む。だが、まだ誰も歩かない道を次々と作って誰が喜ぶか。主要道路ができたなら、今度は幹線道路をもっと便利にする必要がある。幅を広げ上に高速道路を通す。つまりもっとも人口の多い、要になるポイントに資源を集中させる。それができたら幹線道路につながる大きな道に資源を集中する。道は開拓する必要性から、整備拡張する必要性に変わる。……続きを読む
443文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】数歩下がる 0724

整備拡張に切り替わるなら、トップを先行する者は一度数歩下がって物事を見る。全体の物事をよく見て必要なところに手入れをする。そうすることで全体の進む速度や量がアップする。全体が進めば、次にどの方向に歩みを進めるか?の基本方針が変更する。変更しないことはほとんどない。マネジメントで言えば必要の順番で整備拡張するが、トップの視点で言えば方向性を再設定するために整備拡張する。月々3000円 会員サービス
404文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】決まってきた特徴 0725

未来を作ることにトライしているなら、それは世界が作られることにトライしている。成果ではない。どのような世界が作られるかの全てをコントロールすることはできない。だが偶然や自己組織化を含めてトライする。数歩下がって全体を底上げしてもそれは活動の活発化であって、世界構築になっていないことがある。マネジメントは回すために構築する。だが未来を作る者は世界が構築されるように回す必要がある。だから収益や満足度に……続きを読む
495文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】1歩目2歩目 0726

未来を作ると必ず真似をされる。表面上の便利な部分だけを盗み、こっちの方がいいと言いふらされることもある。相手にしてはならない。そもそも、未来を作るなら真似されなければならない。良質な真似をされるように組む必要がある。標準値後の、その第一歩が整備拡張になる。勢いがあるものを人は真似る。だがそれがより多くの人の標準値になるには質による益が広まらなくてはならない。その二歩目となるのが、以前比較になる。以……続きを読む
458文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】強い標準値 0727

標準値にも強いものと弱いものがある。日本の車メーカーは両手の数しかないが、強い企業と弱い企業がある。未来を出現させることをしているなら、最初から強い標準値を作るつもりでいる必要がある。強い標準値とは何か?・・・からなされるべきことをなされるように満たす。強い標準値になる道筋が作られなければならない。実際に強くなるか弱くなるかはわからない。多くの人の傾向、時代背景、社会文化、などにも影響される。例え……続きを読む
534文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】マインド 0728

目に見えるばかりが世界ではなく、標準値でもない。例えば概念は目に見えない。常識感や文化も目には見えない。この意味で、世界を作る・・・未来を出現させる・・・というのは、人のマインドに影響を与えなければならない。便利や成果も良い。必要だ。だがマインドはより必要になる。便利と成果を導いてもマインドを腐らせることがある。例えばステロイドの使用はかゆみを取るが、長年の蓄積で心身を蝕む。蝕まれてしまえば蝕まれ……続きを読む
516文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】マインドの標準化 0729

マインドの標準化には啓発が必要になる。多くの場合成果を出せば勝手にマインドは啓発される。だがその成果を出す行動を採用してもらうのに説明が必要であったりする。これが啓発になる。成果が出れば啓発が楽になる。啓発の多くは認知活動、広告、プロパガンダなどのプロモーションによって行われる。うちそれを利用する者がその内容と成果を信頼する。そうでなくてはならないと思いはじめる。これがマインドの標準化になる。月々……続きを読む
417文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】未来と歴史 0730

より多くの人に立ち返って構築するということは、マインド面ではどういうことを言っているのか?精神が弱い人を対象にする、ということだ。精神の弱い人が強くなれるための世界を用意する。妥協と諦め、依存の世界を出してもしょうがない。(だがそういうことはよくある)また気力を十分に扱える世界にならなければならない。強みを生かし、自分を生かす行動のバリエーションが増え、より多くの評価と経済が集中するようになってい……続きを読む
543文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月4日

【千式】ポジティブな逸脱 0731

今現状、見つけることのできる「ポジティブな逸脱」がある(ポジティブな逸脱が何かはこちら)。問題が起こったときにマイノリティの中にあるポジティブな逸脱を見つけるのではない。問題などなく、今、まさに現在、マイノリティの中になぜかそこだけが「違う」うまく行き方をしているものを探る。その中から現状からスライドして本流になりそうなものを特定していく。ニュートラルな状態でポジティブな逸脱に注目する。月々300……続きを読む
498文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月5日

トップに戻るボタン