自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】事業の成果 0792

TOPやマネジメントする側は他力を使う。使われる他力の方が「貢献」が何か?を考えなければならない。TOPはそのことをいつも考えている。自分の思い通りではなく、組織や事業の目的に対して何ができるか?を考える。もし考えていないならその組織は去らなければならない。TOPが目的に対する貢献を考えているのに、それに協力する他力が自分のことや自分が成果を上げること、活躍することばかり考えるならかみ合うわけがな……続きを読む
479文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】自己不要 0793

事業や組織を支えるのは貢献度の高い人であって、頑張っている人ではない。人の気持ちがわかる人でもない。自分の強みを生かす人でもない。貢献する人だ。誰かと何かを共にやるのであれば、自分の意見など捨てなければならない。自分中心の考え方、自己都合な方針ではなく、事業の成果に貢献し、かつ「自分を生かすこと」は何か?と問わなければならない。月々3000円 会員サービス
384文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】自己マネジメント 0794

といって、貢献する側は奴隷ではない。事業において自分を生かすことができるからその組織に参加しているはずだ。事業の成果は最大となり、自分の貢献も最大になるように自分をマネジメントしなければならない。当然貢献には強みも使われる。才能も能力も使われる。同時にセンスや素質を生かす機会を自分で得ていけるよう組み立てなければならない。それが組織内の自己マネジメントになる。目的は決まっている。貢献することも決ま……続きを読む
458文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】TOPをマネジメントする 0795

自分の貢献がスムーズに通り、事業の成果をより速く確実に出せるために、TOPをマネジメントしなければならない。自分は魂を売っていいなりになるために組織に入ったわけではない。自分が生かされるために入った。個人では限界があることを、共同して越えるために参加した。それをやらずにいいなりになるのは自ら望んで奴隷になっているようなものだ。上司をマネジメントする必要がある。組織の成果を出すためにTOPや上司が何……続きを読む
451文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】成果マネジメント 0796

事業の中核にある者が何をどのように進めようと考えているのかを知ったら、まずはそこに自分ができる貢献を当てはめる。また、誰のどの力を当てはめることができ、使うことができるかを考える。だがそれができてもそれは上司のマネジメントが成功しているにすぎない。仕事がやりやすく成果を上げやすいだけだ。自分から事業のマネジメントを考えなければならない。勝手な解釈は不要だが、事業の成果に対して自分をマネジメントしな……続きを読む
427文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】対立マネジメント 0797

TOPの考える成果と、事業のなされるべき成果が異なることがある。矛盾を抱えることもあるし対立することもある。その不安定な状況で自分が貢献できることは何か?そこには参加せず通常業務を回すことか、介入して調整することか、終止符を打つことか、TOPを教育することか、意見を述べることか。自分ができる貢献をマネジメントの状況に応じて考える。自分の仕事を阻害されて腹が立つだけなのであれば、すでに組織に飼われて……続きを読む
447文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】地味な者 0798

TOPは他力の貢献をもっと伸ばさなければならない。他人がもっとうまく、速く、確実に貢献できるように後ろや道を整えなければならない。別の貢献も使えるようにしなければならない。貢献の重要度が増すような働きかけをしなければならない。そして、往々にして貢献度の高い重要な者は、アピールやプロモーションがうまいものではなく、もうすでに事業の成果を汲み取り行動し、成果を生み出し、それを継続持続「できている」者だ……続きを読む
470文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】高貢献度 0799

TOPは貢献度の高い者から順番に時間を使う。それが組織の成果に則っている。だが、できていない者や派手なものによく時間を使ってしまう。これを戒める。貢献度が高すぎるものはゼネラルなポジションが必要になる。かける時間を逆に短くし、今度はその人が他の人に時間を割く立場となるように取り計らう。もし専門性が高くそれが向いていないなら、その専門性の中の最高のポジションを用意する。肩書きではない、もっと仕事をし……続きを読む
452文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】TOPの貢献 0800

TOPの事業に対する貢献は、事業が最も最大化してうまく回ることにある。その時の状況、人材、成果などを扱って事業の成果を最も良い形にする。ということは、その形をもっとうまくできる人がいるのであればそのポジションを譲らなければならない。譲ると全体マネジメントが崩れるなら譲ってはならない。TOPが出現する未来を作るのであれば、その全ての自分を組織の成果のために投入しなければならない。この千式コラム501……続きを読む
469文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月11日

【千式】世界の絶望 0801

791~800まで「貢献」を書いた。ここから「絶望と闇」を書く。オレは世界に絶望している。これは揺るぎない。自分を生かさない者、人生をないがしろにする者、成果を上げて自分を正当化する者、そもそも全部諦めている者。人口のほとんどがこういう人で満たされ、周囲に関わってくるほとんどもそのどこかに位置している。若い頃は自分もそうだった。若い頃の世界もそのようにできていた。それしかないと思っていた。今ではそ……続きを読む
611文字 | 読了1分 | 投稿日2015年9月13日

トップに戻るボタン