自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】全部自力で学べ 0081

61~80まで「美しさ」について書いてきた。ここからは「学ぶこと」について。学ぶのに師匠や先生はいらない。アホか。自分で学び、自力で習得しろ。これが基本中の基本だ。全ての学びの基礎は自習にある。どんなに素晴らしい教師についても、やる気がないものや能力が低いものを伸ばすことはできない。やる気がないというのは気力が不足している。能力が低いままということは心が弱い。必要なことは全部自分で学べる。人から学……続きを読む
339文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】死ぬほど本を読め 0082

人から学ぶのは甘えだ。自分でできることを他人ありきにする全ての行いは甘えで、自分への甘えは全て美しくない。ほとんどのことは本に書いてある。本を読みまくれば解決する。習得もできる。正しく教えることができるかどうかもわからないような中途半端な教師の話を聞いているヒマがあるなら、そのジャンルの本を5~10冊読めば解決する。教師よりも知識が深まる。普段から本も読まず学ぶことに楽し、甘えているヤツが講師を頼……続きを読む
251文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】死ぬほど歩け 0083

死ぬほど本を読んだら、それが本当かどうか足を使って確かめに行け。実用書なら著者に会いに行き本物か見極めろ。歴史を読んだら現場まで行って実地検証しろ。科学なら顕微鏡や望遠鏡を買え。大学の講義に潜り込み、自分を使って人体実験をし、試していることを記録して図解し、その通りにやってみてその通りになるかをよく見る。それが勉強で、そんなことははっきり言って誰でもできる。
202文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】全てに疑問を持て 0084

どんなに素晴らしいことや真実も必ず疑問の余地があり、必ず不適応のケースがある。そうに「決まっている」。学びは最初から信じることを目的にしない。疑問を目的にする。疑問の解消を目的にしない。適切な疑問を持つことを目的にする。安易に解決したがるバカに学問はいらない。どのみちバカで終わる。
167文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】興味促進しなければ学べない 0085

必要性で学ぶことなどできない。興味があるものしか学べない。だが興味があることは徹底的に学ばなければならない。でなければ表面のバカで終わる。興味の奥にはそれを生んだ興味がある。それを生んだ興味がないものはひとまず知らなくていい。興味の奥の興味の奥の興味の奥を探る。もう探れないところまで探る。当然本を読み調べるが、必ず実地で足を運ぶ。この目で見、肌感覚で経験する。
198文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】脳の方向に任せる 0086

暗記はしない。覚えているべきところは「脳が勝手に記憶するところ」であって、大事なところではない。アンダーラインを引いても覚えない。時間の無駄をやるヒマがあるのは醜い。同じ本を何度も読む必要はない。ただし、同じジャンルの様々な知識を集める必要はある。数は読まなければならない。足も運びまくらなければならない。それをやらないなら勉強するなどと言うな。思うな。量がなければ脳に引っかかる場所も少なく終わる。……続きを読む
292文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】関連を全て探る 0087

ある分野に興味を示し、本を読み足を使うと必ず新しい疑問が生まれる。または本に新しい疑問が書いてあったりする。その疑問は直接の話題と関係ないかもしれない。例えば歴史を勉強して城を見に行ったときに石垣の石の種類が気になるかもしれない。そうやって枝分かれして派生する全ての分野を勉強する。「全て」やる。興味がわかないか、派生分野に進んで興味が失せたらやめていい。全部やれば全体像、つまり体系が感覚で見えてく……続きを読む
258文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】情報では習得できない 0088

勉強の情報は全て不足している。どこにも正しい答えはない。本は売れるものが出版される。本質は出版されない。講師は自分の経験でものを語る。汎用性は低い。実地は自分の経験と感覚の範囲でしか答えを出さない。勉強はだからその断片、パズルのピースを集めまくり、正しい形にしまくり、適切に組み立てる必要がある。これが習得であって、どっかの理論を語れるのは習得ではない。ときにパズル自体が間違っていることがある。情報……続きを読む
287文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】講師など不要だが、 0089

物事の本質がわかっている講師などいない。もし物事の本質がわかっているのなら講師などやっていない。誰かものを教える人に話を聞く必要がある時は、自分の目的に対して正確な答えを出せるものでなくてはならない。講師など基本不要だがどうしても選ぶとき、実力は簡単に判別できないので、講師を選ぶときも実際には「人格」で選ばなければならない。相手の心の強さを測らなければならない。
204文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

【千式】自分でまとめる 0090

学んだことを自分でまとめる。ある程度本を読み、足を向けたら、そこから見出した自分の答えをまとめる。文章でまとめる。論理的に書き出す。論理の筋道が通っていなくても、感覚も直感も全てかけるだけ文字にして書く。まとめてまとめてまとめ上げる。そうしなければ中に入ったものを整理する力も、アウトプットする力も身に付かない。整理とアウトプットがなければ勉強しない状態と変わらない。時間は無駄に終わる。まとめ出すの……続きを読む
318文字 | 読了1分 | 投稿日2015年6月19日

トップに戻るボタン