自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

千式

【千式】ウォーレンバフェット 0942

ウォーレン・バフェットが将来性のある企業の株を長期的に買う。その企業に将来性があるか時間をかけて調べる。経営に口出しはしない。バフェットは既存の投資を長期視点で行っているが、知識投資も同じように長期視点で行う。成果はむしろキャピタルゲインではなくインカムゲインにある。つまりコツコツと毎日長い間成果を上げていく方法で、株の下落を長期的に相殺する。知識労働もインカムゲインの考え方で行う。
314文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】メディチ家 0943

中世フィレンツェの銀行家として有名なメディチ家は、ルネッサンス期に芸術家のパトロン(パトローネ)になった。芸術品は時代的に資産価値があったかもしれないが、資産を「目的」に投資していた様子はない。知識投資は成果を生み出すとは限らない。むしろ成果は生まれないとわかっていることもある。だがその投資があったからルネッサンスが花開いた。すぐれた芸術家も世に打って出る手段がなければ文化も花開くことはない。リタ……続きを読む
343文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】アメブロ 0944

知識投資の最もわかりやすいのがネットの世界にある。アメブロはそれまでのブログの常識的に備わっている機能を無視して、独自の機能とデザインでブログを作った。フェイスブックもそれまでのSNSの常識とはかけ離れていたし、Googleもポータルサイト的な検索エンジンのあり方とは全く違った。こういうのは全て、マーケティング不在のイノベーションから出発しているが、開発者は知識労働をし、そこに投資しているものは知……続きを読む
399文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】知識労働から離れる 0945

自分が持つ知識、成果、事業、資産(金)を知識労働に投入する。知識によって成果を生み出しているもののうち、その成果が社会的スタンダードになりやすいものに投入する。通常の投資とは違い、資産とリターンは金に限らない。知識労働を事業に参加させて投資することもある。それも自分の資産になる。だけど基本は、知識投資をするなら知識労働はしない。知識労働を投資するなら、その技術や知識そのものを事業の誰かが引き継ぐ目……続きを読む
393文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】個人投資 0946

今オレがやっていることは個人と事業への2つの投資がある。自分の身近で伸びる資質を持ち、かつ覚悟がある人の資質を伸ばしている。以前は会社内でやっていたし、セミナーやコンサルティングを通じてお客にもやっていた。だが、投資量に対してリターンが追いつかなかった。投資量を増やし、もっと密接に関わることでリターンを導きやすい形にしている。個人投資は身近という意味で知識投資には必須だと思う。リターンはその人の資……続きを読む
399文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】事業投資 0947

個人を集合させる事業投資と、すでにある事業に投資する方法がある。個人的には前者を好む。個人を集合させるのは、自分で旗揚げをして人材を募る方法もあるし、すでに個人投資で成果を上げている人を集めてトップを決め、運営してもらう方法もある。リターンが社会成果であるのなら、事業投資は必須になる。だから知識投資家はその知識労働の事業がどのように発展したり運営されるのが良いのかということを知っておく必要がある。……続きを読む
383文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】投資戦略 0948

知識投資した結果、社会にリターンが生まれたとする。これが「発生する現象」になる。または「出現する未来」になる。この現象を伸ばすために投資する。元の事業に投資するだけではなく、既存や新規の別事業、別個人にも投資する。例えば強みは様々な角度で社会的に広まりつつある。それを促進できるのは、元ある事業だけではない。うまく広めたり、深めたりできる別の事業や個人に知識投資を広げていく。これが投資戦略になる。
320文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】引き際 0949

知識投資は「出現する未来」を生み出す手段のひとつだ。成果に捉われているとこれはできない。通常の投資家をやればいい。知識投資をして成果を上げても、その事業がそれ以上は「発生する現象」「出現する未来」を作らないことがある。アメブロがそうだしmixiがそうだ。その事業がこれ以上期待できなくなれば、知識投資から手を引かなければならない。発生した現象としての社会成果を生かす、別の事業への投資を強化する。これ……続きを読む
363文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】投資センス 0950

知識投資のセンスは一般投資のセンスよりも難しい。奥深い。社会的な現象やイノベーション、未来を扱うので、自分の得意分野を軸として様々な知識を得る必要がある。そもそも知識投資は知識量に依存する。人と事業を見る目を養い、強みと成果を見極める目を持つ。自分も知識労働を行った経験があり、それが何かを知っている。人と関わるということが何かも知っている。そうしてセンスが磨かれて、誰に、どの事業に投資すればいいの……続きを読む
510文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月8日

【千式】個性法則 0951

941~950まで「知識労働から知識投資へ」を書いた。ここから「停滞期」を書く。誰もが自分の個性・・・特徴的なオリジナル・・・を知ればいい。強みでもいいし、人格でもいい。フィードバックをしたり人に聞いたり、実績や成果、価値あるものなどから自分を知る。そして自分を知ることを続けると、そのうち中期・長期の自分も知ってみる。すると不思議なことが起こる。本に書いてあるようなこととは全く別に、個性としての「……続きを読む
723文字 | 読了1分 | 投稿日2015年10月9日

トップに戻るボタン