自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

サービス

全ての道はローマに続く

戦争の奴隷が家内作業を行う社会システムのサービスが第一期で、古代エジプトの時代から完全な公共サービスとしての第二期に移りはじめた。 現在でも、アメリカ大統領の警護隊をシークレットサービスという呼び名で呼ぶことからも、公共サービスがまさにサービスであることを読み取ることができる。 古代ローマでは、完全に公共サービスがシステ……続きを読む
2304文字 | 読了5分 | 投稿日2006年11月5日

産業革命がサービスを変えた

1807年にフルトンにより蒸気船が、1825年スティーブンソンにより蒸気機関車が発明された。 この2つのできごとがサービスを変えた。 蒸気機関の発明、木炭から石炭の利用、製鉄技術の促進の3つが、産業を農業から工業へと移らせた。 政治はこれを受けて、国力の増強に力を入れはじめた。 これがイギリスから興った、産業革命である。 しかし当時、サービ……続きを読む
2576文字 | 読了5分 | 投稿日2006年11月5日

トーマスクックの現代サービス

ヨーロッパの鉄道は、コンセプトを商売に取り入れただけの公共サービスに限りなく近いサービスであって、現代サービスの特徴を持っていなかった。 蒸気機関を動力とし、石炭を燃料とし、鉄を加工した線路で移動を提供するという、工業の単純な応用にすぎなかった。 もちろん、これまでのサービスは公共機関が提供していたことを考えれば、サー……続きを読む
2248文字 | 読了4分 | 投稿日2006年11月5日

現代サービスの本質

工業の発展を利用したサービスは、商売を通じて社会貢献を行うようになった。 そして工業の応用である鉄道を使って、社会の新しい不備を解消した最初の現代サービスが旅行代理店である。 鉄道は大量輸送、スピード化、コスト削減の3つを一気に行った。 これら3つの革新によって便利を提供すると、新しい問題が生み……続きを読む
2494文字 | 読了5分 | 投稿日2006年11月5日

サービスに共通する3つの特徴

サービスの3つの本質、現代サービスの5つの本質の他にも、サービスに共通する特徴が3つある。 資本を必要とすること サービスは規模の大きいものも、小さいものも、システムを継続運営するという意味で、資本を必要とするという特徴がある。 道路の場合も上下水道も、軍隊の場合も奴隷……続きを読む
1738文字 | 読了3分 | 投稿日2006年11月5日

サービスは価値で測らない

サービスは、提供すると決めたものを必ず提供する活動のことである。 乱暴に言い切ってしまうと、決めたものが支持されるかどうかは関係ない。 もう少し正確に表現すれば、サービス継続提供のために「支持」は少なからず必要な場合があるが、「不支持」は全く必要とされない。 サービスは「……続きを読む
2532文字 | 読了5分 | 投稿日2006年11月5日

サービスは競争しない

サービスは収益目的で活動したことがなく、商売は収益性を目的に活動してきた。だからサービスには競争がなく、商売には競争はがある。 サービスははるか昔から競争するものではなく、そこに在るものだった。 社会のシステムそのものだった。 たとえば道路がひとつできると、それは単に以前より便利になったというだけのことだった。 その道路は他の道路と競争しな……続きを読む
1299文字 | 読了3分 | 投稿日2006年11月5日

安全は何よりも優先される

サービスは、「提供の約束を守る」ことが役割であるし、それがなければサービスは成り立たないけれども、サービスの提供よりも優先されることが実はひとつだけある。 それはサービスの責任でもある、安全を守るということである。 たとえば八百屋は、残留農薬が人体に悪影響を与える野菜や果物を売ってはならないし、水泳のインストラクターは……続きを読む
1741文字 | 読了3分 | 投稿日2006年11月5日

商売で取り入れるサービス

サービスと商売は、もともと持っているものが少し違う。 サービスが共生するのに対して、商売は競争する。 サービスが効用を基準にするのに対して、商売は価値を高めようとする。 サービスが提供者主体なら、商売はお客主体で、サービスが社会に対して働きかけるのに対して、商売は人に対して働きかける。 サービスを商売に取り入れるとき……続きを読む
1997文字 | 読了4分 | 投稿日2006年11月5日

マーケティングされたサービス

事業でサービスを生み出すとき、必ずうまくいく方法があります。 それが、マーケティングされたサービスを生み出すことで、マーケティングされたサービスというのは、サービスを作ってから販売促進活動を行うのではなく、マーケティングが完了してからサービスを作ることをいいます。 販売促進とマーケティングの勘違い、 接客とサービスの勘違いを見てから、 マーケティングとサービスが相乗効果を発揮するた……続きを読む
371文字 | 読了1分 | 投稿日2006年11月6日

トップに戻るボタン