自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

強み

スケールの誤認~フェイスブックコラムまとめ004

読まれる記事、投稿の簡単な書き方。【ドラマ的な記事の書き方を心がける】記事時系列で過去→現在→未来を意識して書くといい。たとえば「今日は休日だけど朝からセミナー。新しいセイコウをゲットするのよ!」→「の移動中のお伴は・・・マンガ。小学生の時に大好きだったけどずっと読んでなかった。復活してハマりちう」→「セミナー終わったら何食べようかなぁ。どうせならランチガマンしてケーキにしようかなぁ・・・」みたい……続きを読む
2038文字 | 読了4分 | 投稿日2013年3月23日

ガチで強みの生かし方〜黒子のバスケより

最近ビジネス系セミナーばかりやっているので発言の機会は減ってるけど強みを発掘すればうまくいくなんて大間違い!稲垣佳美さんも記事書いてますね。 強みと現実のはざまで今週のジャンプから黒子のバスケ抜粋。このマンガはもともと強みを考えるのに超適切だったけど、今回の内容はそれに輪をかけていい。できれば買って読んでみて。まずここ人と違うところ、一般的には「短所」とされるところにも強みはある。ここね、ここ「新……続きを読む
2661文字 | 読了5分 | 投稿日2013年3月26日

人間関係のキホン~フェイスブックコラムまとめ005

ヒケツ、というのはこういう簡単なことなんだろうな。それができない人が多いんだろうけど。でも、やればそうなるとわかっていること、ただやるというのが大事。波動共鳴は引き寄せではないけど、わかってますか?わかっていれば、良い。 好き嫌い言わず全部食え!特に食ったことがないものを嫌いと言うな!!人間関係のキホンは敵を減らすことではなく、味方を増やすこと。それは簡単。しかしその味方は、本当にあるべき自分の味……続きを読む
1004文字 | 読了2分 | 投稿日2013年3月30日

4ポジ的こんな理論!

お金を得るためにTA 売りまくるTS もらうBA 稼ぐBS 投資嫌われポイントTA とにかく無条件に嫌いTS 偽善、ねちっこい、くどい、鬱陶しいBA いけすかない、鼻を折ってやりたい、鼻持ちならないBS バカ、頭悪い、人の気持ちわからない自分をダメにする 自分を失うときのパターンTA TSとBAを行き来するTS 決して他の領域を採用しないBA 他の領域に出かけていって自分を失うBS 枠を伸ばす……続きを読む
1384文字 | 読了3分 | 投稿日2013年4月2日

認知を広げまくれ!~フェイスブックコラムまとめ006

このところ【コンサルティング習得講座】を作りまくっているからか、専門家的視点にものすごく敏感になっている。よく考えたら、体の調整にしても、美容室にしても専門家を選ぶのにものすごい本質視点を使っているんだった。んで。仕事上いろいろな人と関わることが多いけども、「誰々に何々と言われました」という発言をよく聞く。そのほとんどの人に、アドバイスをくれた人がなぜ、どういう意図を持って、何を成果として、どのく……続きを読む
3098文字 | 読了6分 | 投稿日2013年4月6日

「ウザイシネ」と思わないマインド構造について

穏やかじゃない内容だけど、このところ2つ続けてきっかけがありかつ、少なくない人がこの病にかかっていそうなので書いていきます。「ウザイシネ」レベルになると、これ相当にきっつい感じだけどまぁ、それももちろんそうとして「イヤ、キライ」レベルでも思えない人が少なからずいます。通常はこんなことを言うと、言っている方に精神構造上の問題がある・・・みたいな捉えられ方をするけどもなので、ブロックを外すとか内省や反……続きを読む
2889文字 | 読了6分 | 投稿日2013年4月21日

「やる気」を勘違いしている〜フェイスブックコラムまとめ007

「基本的なことだけど○○することが大事なんだよ」の発言のほとんどが、「大事」なのではなく【普通】だったりします。「大事」になるのは前提がマイナスで普通のことができていないから。普通のものを普通にやるのは普通です。大事じゃない。【大事】なことは、普通の上に本当に積み重ねるべきことは何か?にだけ使われる言葉です。混同している人が多い。自分の知覚の範囲で判断したがる。限定された自分だけの脳みその世界しか……続きを読む
2077文字 | 読了4分 | 投稿日2013年4月27日

傲慢と高慢

傲慢は人格的に問題がある場合のこと。 高慢は強みです。 傲慢であるためには、傲慢であるための 背景理論とか知識・・・何かしらの自信が必要です。 だから 傲慢は、何もないのにタダえらそーな@4とは違い それなりに何かを持っているという背景があります。 ただ多くの場合で、 その背景に見合ったほど思うべき自信ではなかったり、 その背景自体が自分の内在するものではなく 外の世界の情報を少々扱うことがで……続きを読む
2021文字 | 読了4分 | 投稿日2013年4月30日

正常な判断ができなくなる時のフィードバック

自分でも心当たりのある、正常な判断ができないときというのがあります。どういう時か思い出してフィードバックしてみる。「キレてるとき」「認められないと思って錯乱してるとき」「混乱してるとき」「売れないとき」などなど。自分なりの特徴が必ず出ているはずです。正常な判断をできない時は、これもちろん正常な判断ができないのだけどに反して、そういう時はやばい!という心理の働きもあり、正常な判断をしてやるぜ!いえー……続きを読む
2007文字 | 読了4分 | 投稿日2013年5月6日

トップに戻るボタン