自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

強み

信頼と信用は違います

信頼系記事シリーズ。全3話です。 信頼と信用は違います (この記事) 理解のない信頼はありません  信じないと疑うは違う真摯さを身に纏うこと以上に良い方法はありません。笑顔がステキとか行動力があるとか、人から好かれているとかお金持ちであるとか、信用を得るためには、行為行動によって人との関わりに役立ったり、価値を生み出すことです。上達、熟練しているほ……続きを読む
29309文字 | 読了59分 | 投稿日2016年7月23日

「分かる」をやめる

横浜のお茶にブログネタが満載隠れていて、 コラムネタもあったので「わかる」をやめることについて書いてみます。   この時のトーク 強み、の話になったとき、強力な種類の強みとして「わかる」という強みがあることを話していました。 理由説明とか、なぜそうなったのかは全然わからないけど、とにかく答えや結論がわかる。 強みの見方では直感や感受性でわかるというのがここに含まれます。 分……続きを読む
4977文字 | 読了10分 | 投稿日2016年7月29日

仲間を募る同意に耳を傾けない

いいわけには行為の後に行う4種類のいいわけと、好意前に行う3種類のいいわけの7つがあります。行為の後に行ういいわけの4つの中の1つに正当化というものがあって、これは自分の責任認めるけども、行為の被害は認めないという定義があります。詳しくはこの記事どうぞ 【2.正当化】そしてその正当化の具体的な方法として、   優越感   当然   体裁   劣等感の4つの種類があります。いいわけの種類と……続きを読む
6494文字 | 読了13分 | 投稿日2016年8月1日

心に剣を

こちらは2010年01月30日に掲載されたコラムです。先日書いた力と人格は異なります ~いい占い師の選び方 ~失敗しない人事の法則etc.
6338文字 | 読了13分 | 投稿日2016年8月2日

過小評価を克服する

こちらは2010年02月02日に掲載されたコラムです。高松期間中【一人踊るセミナー】書けなかったので、この隙に?書いておこうと思います。今回高松のセミナーで多くの人に共通して見えた傾向があって、とてももったいなかったので書いてみます。誰もが自分自身を過小評価しているという事実があります。おそらく僕もそうだし、コラムを読んでくれているみなさんも同じです。人は(過信する状態でなければ)自分で自分の評価……続きを読む
5067文字 | 読了10分 | 投稿日2016年8月3日

理解のない信頼はありません

こちらは2010年02月05日に掲載されたコラムです。信頼シリーズ。 信頼と信用は違います  理解のない信頼はありません (この記事) 信じないと疑うは違う心理的に、理解が深いものほど信頼できるようにできています。なので、知的生命体でわけのわからいものほど、私たちは混乱と恐怖を覚えます。宇宙人が目の前に現れたらどうしていいかわからないし、貞子みたい……続きを読む
22574文字 | 読了45分 | 投稿日2016年8月4日

トップに戻るボタン