自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

強み

自分にとってベストなコミュニケーションスタイルを探す

自分にとってベストな状態を探すための2つ目の考え方は「コミュニケーションスタイル」を知るということにある。 これは、コーチングや心理学で言われるような共感・ミラーリングなどの技術を使って「うまくコミュニケーションを交わすことを可能にする」ことではない。 自分がありのままの自分で過ごしたとき、人に接したときに、どのような人と一緒であれば自分の強みが最も生かされるか、ということである。 大リー……続きを読む
944文字 | 読了2分 | 投稿日2008年4月29日

自分にとってベストな健康状態を探す

3つ目に日常生活の中から測定するのは健康状態である。 体と心が充足していれば強みは存分に発揮される。 元々強みは「気がついていない」ものなのだから、両方が満たされていれば意識や努力なく、自動的に強み発揮することすらできる。 健康であろうと思うのなら、知識も大事だがそれ以上に自分がどうすれば健康になり、どのようにすれば不健康になるかを測定することである。 主に食事、水、睡眠を観察してみる。 ……続きを読む
2109文字 | 読了4分 | 投稿日2008年4月29日

自分にとってベストな情報を探す

強みを最大化するために行うべき4つ目は「情報の選り分け」である。 3歳ごろから脳が自動的に必要情報と不必要情報を選り分けてくれるにもかかわらず、私たちはわざわざ苦労して人が大切だとしている情報を得ようとしている。 自分にとっては本当に大切ではないのに大切だと信じているだけの情報を省き、必要不可欠な情報を積極的に得るように生活習慣を改善したい。 得られる情報の質が強みに向いており、日常生活の行動……続きを読む
1011文字 | 読了2分 | 投稿日2008年4月29日

強みを最大化する3 | できることから行う

強みを最大化させるための3つ目の方法は「できることから行う」ことである。 「できることから行う」というと、なんとも当たり前のことを言っているように聞こえるかもしれない。 しかし実際には、たとえば仕事などでも私たちは「やらなくてはならない」ことからやっている。 やらなくてはやっているように見えないこと、すらやっている場合もある。 ともあれ「やらなくてはならない」ことのほとんどは、片付ける、処理す……続きを読む
1640文字 | 読了3分 | 投稿日2008年4月29日

目的地からはじめるのではなく、足元からはじめる

「できることからやる」というのは、今既に資源として持っている「強み」からはじめるということである。 「目標」や「ビジョン」など、今はないものからスタートしない。 「過去の経験」「熟練したスキル」など、強みでないものからもはじめない。 今持っている強みを使ってできること、からはじめる。 たとえば言語習得の強みがあるために「英語からはじめる」人は、通訳、翻訳、ガイド、教師、外資への就職、海外での……続きを読む
1309文字 | 読了3分 | 投稿日2008年4月29日

悪魔のツール対策1 – 自分が置かれた環境について考えてみる

強みを発掘してうまく最大化することができたとしても、それを全てダメにしてしまうような悪魔のツールは存在する。 たとえばどんなに強みを生かすことができ、弱みをカバーする人たちが集まり協力してビジネスを行うとしても、それがアマゾンの密林の中ならきっとうまくいかない。 強みの発揮を「無効化」してしまう6つの条件を、皆さんには注意して気をつけてもらうためにこれからご紹介していきたいと思う。 それらを「……続きを読む
2156文字 | 読了4分 | 投稿日2008年4月29日

悪魔のツール対策2 – ビジョンがなく行動がないとき

環境が強みを許さないこととは別に、強みがわかっているけど具体的に何をやっていいのかよくわからないということがある。 ビジョンがなく行動に悩むときだ。 ビジョンがないというのは、たとえばどんな仕事を選んでいいのかわからないというような場合のことで、未来に対してうまく自分の姿をイメージすることができないことをいう。 ほとんどの人は、何か熱中できるものや好きなことを見つけなければ自分の価値が問われ……続きを読む
1391文字 | 読了3分 | 投稿日2008年4月29日

悪魔のツール対策3 – 強みを自己満足に使う、心の病対策

強みをダメにする悪魔のツール3つ目は「強みを自己満足のために使うこと」である。 私の知り合いに「要点を理解できてしまう」「初心者にモノを教えることができる」という強みを持つ人がいる。「要点を理解できてしまう」というのは、何かを成したり手にするのに必要な、最小の努力と知恵は何であるのかがわかることをいう。 たとえばテストを受けるときに、勉強することで実力をつけて挑むのではなく、問題として出る傾……続きを読む
1310文字 | 読了3分 | 投稿日2008年4月29日

悪魔のツール対策4 – 自分を過小評価する人間のメカニズム対策

強みをダメにする4つ目は、恥ずかしいことではないが誰もが行ってしまうことである。それは「自分を過小評価する」ということにある。 強みをしっかり発掘して自分のことを正しく知ることに長けた人でも、等身大の自分よりも自分自身のことを小さく評価する傾向がある。 なぜ人はそんなふうにしてしまうのかというと、心理的な原因と物理的な原因の2つの原因がある。 まず心理的な原因を見てみよう。 人は誰でも何か……続きを読む
1847文字 | 読了4分 | 投稿日2008年4月29日

悪魔のツール対策5 – 弱みに注目する人

強みをダメにする悪魔のツール、その5つ目として弱みに注目してしまう人のことを書こうと思う。 ある女性経営者は、従業員のできないところに注目する。してしまう。優秀な人材に対して、その人がアルバイトであり社員が働くほどに時間が取れないことを非難する。優秀であることを取り上げて評価しようとしない。 また別の人材に対しては、事務作業ができないことや他のスタッフと密接なコミュニケーションを結ばないこと……続きを読む
1026文字 | 読了2分 | 投稿日2008年4月29日

トップに戻るボタン