自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

強み

正確な情報を得るために必要なこと

どうも情報を得るということに間違った方法を持っている人が多い感じがして、 いつも個別コンサルやこの【一人踊るセミナー】 ではやめること・・・・情報を得ないことをよく伝えています。 でも、よく周囲を見渡してみると、専門分化している人ほど情報がかなりの誤りを含んでいることが多いので その点についてちょっと書いてみようと思います。 情報が個人の判断する量を超えると、人は信頼できる(と思える)情報……続きを読む
4649文字 | 読了9分 | 投稿日2010年3月10日

痛みを避けないということ

まだ本調子ではないのだけど、以前から思っていることなのでここできっちり書こうと思います。 ちょうど体調崩したので良いかなと思って。 今回の不調は直接の原因が喉が不調なのに酷使したことがありますが、 元々はその前から心身共に、小さな原因の種はありました。 あとはそれと別にゆらぎ。 【関連記事】「ゆらぎ」に「保留」の力を使う ゆらぎは物理現象なのでしょうがないですね。 で、先の日曜、まだ広島の……続きを読む
3630文字 | 読了7分 | 投稿日2010年3月26日

転機の作法 ~転機にモノを捨てること

捨てる、ということに関しては散々セミナーでも言っているしブログでも書いているのですが、 転機にはモノを積極的に捨てるということをお勧めしたいのです。 というと、転機がいつなのか?という話になるわけだけど、 これは個々人によって必ず違うので、自分で自分のバイオリズムとか 転換期前後に決まって何が起こるのか?ということを自分で観察してつかんでほしいのですね。 間違っても、満……続きを読む
2210文字 | 読了4分 | 投稿日2010年5月3日

生活レベルを1.1倍にする

経営のセミナーではよく言っているのだけど、1.1倍は安定成長のキーワードです。 僕はこのベースになる考え方を現在地経営と呼んでいて、目指すところはたった10%の成長。 経営の土台として、イノベーションとは別に推奨している考え方です。 定期的に10%の成長が可能になると、複利によって急角度で伸びていく経営が可能になるので、 たった10%とはいえ、何度も繰り返せばあり得ない成長率をはじき出します。 ……続きを読む
2717文字 | 読了5分 | 投稿日2010年5月8日

「自覚の欠落」が誤りを生み出す

前回の強み発掘コース@大阪も、今回の自己プロデュースコース@東京もそうなんだけど、 自分自身とか自分の強みというものに対して、自覚の欠落が目立ちます。 自覚の欠落は罪です。 まず自分自身を知らないということで、自分に対する裏切りです。 強みなどになると「あまりに凄すぎる~だけど自覚できない」という特徴があると 自分自身のことなのにますます否定するという特徴があります。 が、それも本当はやっちゃ……続きを読む
2839文字 | 読了6分 | 投稿日2010年5月9日

正しい目標設定の仕方

朝、シャワーを浴びるわけですが、そこでものすごいインスピレーションの数が来てるわけです。 ですが、覚える気がないので、忘却の彼方へ去られてしまうのです。さようなら。 今日は覚えていたので、ひとつ書いてみようと思います。 目標設定については、その弊害をことあるごとに、あらゆるところで言いふら・・・すのに疲れて、 最近ではこちらを読んでくださいと言っています。 【目標を設定してはいけません シリー……続きを読む
3547文字 | 読了7分 | 投稿日2010年6月1日

キャッシュ、すなわち現金の夢に溺れよ!

もちろん世の中にはお金にブロックのある人が多くて、というかほとんどの人が持っていて、 それはこの額以上もらってはいけないとか、あると使ってしまうとか、いつも貯まらないとかなどなど。 お金は、ラブと同じぐらい重要です。 真剣にラブを考えたり実践する時間を持つのだとしたら、同じぐらい真剣にキャッシュに取り組む。 これすなわちお金ラブです。なんだそりゃ・・・・。 なぜお……続きを読む
4094文字 | 読了8分 | 投稿日2010年6月20日

未回収には内容証明を送るsince2001

せっかくなのでお金話題を続けてみたいと思いますが、硬派な話題にしてみたいと思います。 どうも、お金のセミナーの内容がどの方向を向いているのか・・・・概念?・・・・よく分からないので、 ひとまず「きっと違うだろうなぁ」的硬派話題も組み込んでみます。 セミナー事業をやりはじめて・・・つい先月のことなのですが、初未回収が生まれました。 つまりはサービスを利用したのに金は払わん!というやつです。 逆に……続きを読む
3894文字 | 読了8分 | 投稿日2010年6月21日

自分の休むタイミングを計るということ

これがまた難しく、そして最も大事なことなのだけど、休みのタイミングというのもまた、人によって違います。 そしてもちろんのこと、年齢によっても変わってきます。ので、5年に1度ぐらいのスパンで見直したほうがいい。 休日や休憩時間のタイミングを計るのは、観察によって感覚で調子を確認しながらやるしかないのだけど、 まず単純なところで言えば、体調と仕事量が一目瞭然のグラフを作るといいと思います。 視覚化す……続きを読む
1922文字 | 読了4分 | 投稿日2010年7月4日

怒りのメカニズムとその対応法(の一部?)

ずっと不調で書いていなかった【一人踊るセミナー】ですが、ここに来て書きたいことがいっぱいあるのに、 V嬢のこの記事を受けてこれは書かねばならん・・・・というか単なるパクリ?で・・・・テーマ怒りです。 リラックスをがんばること どうして 怒りたいのかな がっかりするのかな (特に上の記事がとてもよかったのと、それを受けて書きます) これは僕もセミナーでたまに言っているのだけど、 怒り……続きを読む
5280文字 | 読了11分 | 投稿日2010年7月6日

トップに戻るボタン