自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

Facebookプロモーション02「身近な人を紹介する」

【Facebookプロモーション】
 Facebookプロモーション01「最も反応の良い投稿を起点にする」
 ” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>Facebookプロモーション02「身近な人を紹介する」(この記事)
 Facebookプロモーション03「予告する」
 Facebookプロモーション04「軸記事を回す」
 Facebookプロモーション05「本気を投稿する」
 Facebookプロモーション06「人が自分を紹介する」


Facebookに限らず、ブログでも常々言っていることだし
プロモーションの基礎中の基礎

人や人の商品を紹介しまくる。

なぜやるかは後で書くとして、ひとまず見本

photo:06

藤川美帆さんのことを書いた投稿だとひと目でわかります。

これはちょいと本文を読んでもらえばわかるけども
紹介したくなるような感心するできごとがあった。
自分が感心できることは、たとえ拡散数が少なくても
広がった人にはものすごく伝わります。

広いプロモーションではなく、深いプロモーション。

実際に横須賀では大盛り上がりになったそうな。
(藤川さん横須賀の人ね)

ついでに裏話を入れておくとですね、
この投稿で何を書いているのかというと
僕が記事書いてすぐに、藤川さんが反応記事を書いて
それがすぐ記事下のリンクに反映される。
そうやっていち早く手を打つプロモーションは必要だよ・・・と書いてるのですが

この文章自体が自分のプロモーションになってます。
僕が記事を書いたら紹介分書いて!と間接的に言っているので
受けてくれる人がでるほどに、自分のところに人が流れるような内容になってます。

上のが人を紹介するのであれば、こちらは商品(ビジネス)を紹介。

photo:11

1つ前の記事にも書いたけど、ねね記事を軸としての紹介記事。
突然紹介したら「ふーん度」が高い。

人を紹介するときよりも、商品を紹介するときの方が
自分がこの商品はいい!と感情こもっているものの方が
反応が高かったりします。
(ただ紹介すれば反応取れるというような強みの人もいるけどね)

まだ僕がどんな商品を選ばれたか知らないので
画像なりが送られてきたらさらに追い打ち投稿をします。
追い打ちは投稿の基本。(ブログも同じ)

何度も言うことではじめて刷り込み効果が出て
覚えてもらえるとか、ふと思い出してもらえることにつながります。

こうやって人を紹介しまくることの大きなメリットは2つあります。

自分も紹介してもらえる数を高める
情報の集約ステーションになる

自分も紹介してもらえる数を高めるというのは、
自分が自分がいいと思うものや、人を紹介すると
逆紹介や後日の紹介が増えます。
全員がそうしてくれるわけではないけども確実に増えます。

プロモーションの成功はどれだけ(新規を含む)多くの人が
自分のことを知ろうとしてくれるか?にトライすることなので
人の紹介によって自分のところに導線ができるという効果が取れます。

情報の集約ステーションになるというのは、
既存の読者が「自分の役立つ情報をこの人は集め、公開してくれる」と認識することで
この人のところに見に行けば「何かある」とリピートへの期待を持たせます。

読者が自分のFB(タイムライン)を見る動機になります。

プロモーションの成功と接触回数には密接な関係があるので
何度も見てもらうことをこの方法で喚起できます。

というわけで今日からみなさんも紹介しまくり、どうぞ。

03に続く>>

前話: Facebookプロモーション01「最も反応の良い投稿を起点にする」

次話: Facebookプロモーション03「予告する」

トップに戻るボタン