自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

Facebookプロモーション04「軸記事を回す」

【Facebookプロモーション】
 Facebookプロモーション01「最も反応の良い投稿を起点にする」
 Facebookプロモーション02「身近な人を紹介する」
 Facebookプロモーション03「予告する」
 Facebookプロモーション04「軸記事を回す」(この記事)
 Facebookプロモーション05「本気を投稿する」
 Facebookプロモーション06「人が自分を紹介する」


最初にねね記事・・・つまり軸になる記事を中心にすると書いた。

でも軸記事は使い過ぎることができない。
そこで、概ね反応の良い投稿が何か?をつかんでおく。
ベスト3ぐらいが妥当かな。

オレの場合は、ねねを除くとロンの投稿自撮り投稿
こういう自撮りについて解説します

photo:04

プロモーションが活動の核になっている人によくあるけども
その人の私生活や、いつもと違った側面を知りたいと思われることは多い。

自撮りはそこそこ反応がいいので、
いつもと違う側面として上の投稿をしてみる。
ちなみにこれは「いいね」の反応がそんなに高くなくていい。
なぜなら、
新規の人にこういう投稿はウケないから。むしろキモイというかね。

「自撮り」はほとんどの女子でウケがよく反応もいい。
「今日のコーデ」もほとんどの女子で反応がよい。

この自分を出すことの大切さは「顔」を見せることにある。
顔を見せるのはプロモーションの基礎の基礎。
顔出し回数とプロモーションは比例する。

顔を出している人の方が覚えてもらいやすいし親近感を持ってもらいやすい。
商売なら買ってもらいやすい。
恋愛なら付き合ってもらいやすい。

会ったこともない芸能人を好きでいられるのはこの顔出し回数のマジックによる。

そして芸能人じゃないんだから、
加工しすぎの写真や、いつもキレイな写真はいらない。

自分を多面的に見せる方が効果が高い。

ちなみにこの投稿の写真を見てコメントに
「タンスの花が気になる」というコメントが多く残った。

そういうときはこうする

photo:10

親切、ではない。
親切があってもいいけど、プロモーションで大事なのは
もう一度、二度、見てもらえるかどうか?なので

「興味がある」

と言われたら必ず「こちらへどうぞ」と誘導する。
これで2回目見てもらうことになる。
ここを漏らしてしまうと何のためにプロモーションしているのかわからない。

興味に応えてくれる人だという印象づけもできる。
興味を維持してもらうのにこれほど重要なことはない。
期待しても応えない人に興味を持ち続ける人はいない。

オレの場合コメント返しをしてないけど、
コメントを返すことも期待返しのひとつ。
即レスを意識してやった方がいい。

話を戻して、他の軸記事。
オレの場合車。オロチという車を去年買った。

photo:09

車の投稿は、ロンや自撮りよりも反応は悪い。
が。

この車見るからに珍しいし、一見して高いことがわかる。
特殊。
人と違う。
印象強い。

この3つは人からみて「何か違う理由がある」と思わせるポイントになる。
「何か違う」と思ってもらうのがなぜ必要か。
それだけで、
注目しなければならない何かがあるかもしれないという気持ちを喚起するから。

何もない人に誰も注目しない。
スッキリキレイで普通の人にも注目しない。
ゲスで注目されても先がない。

では何で注目されるべきか?

中身では注目されない。はじめての人が中身を知ることはない。
一見してプラスの興味を引く何かを持ってこなければならない。

ちょっとまとめる。

最初に自撮り投稿を見本で出した。
これはどちらかといえば既存の読者に向けての投稿。
「深く」を意識した投稿。

後に車の投稿を見本で出した。
これはどちらかといえば新規の読者に向けた投稿。
「広く」を意識した投稿。

両方をうまく配分していくと、プロモーションの土台を作ることができる。

05に続く>>

前話: Facebookプロモーション03「予告する」

次話: Facebookプロモーション05「本気を投稿する」

トップに戻るボタン