自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

Q&A トラウマ経験無く苦手なものはブロックの可能性がある?

松原さん程ではないですが、私もぶつぶつが苦手です。シダ植物の裏側など見ると鳥肌が出て寒気がします。
一旦気付くと視界に入ってるだけで寒気がします。吐き気などはしませんが、その姿を想像するだけでも落ち着きません。
トラウマ経験無く苦手なものはブロックの可能性がある、と考えても良いのでしょうか?

いい質問ですね。
でも質問が2つに分かれているので順番に説明します。

まずぶつぶつについて。
シダ植物は本気で死ねばいい!ハァハァ

あ、最初から取り乱してしまいました。すみません。

人がぶつぶつを気持ち悪いと思ってしまうのは
一説には病原菌、やウイルスがそのような形をした集合体だから
細胞記憶的に判別して気持ち悪くなる、とも言われています。

もちろん菌やウイルスは顕微鏡が発明される以前は見えなかったのですが
細胞はそれを感覚的に知っていて忌避するというのはあるかもしれません。

また筋反射を取ればわかりますが
水玉の服を着たり、
なんなら水玉を見ただけでも
筋肉に力が入らなくなります。

ぶつぶつにはそういう反応が出るものなのかもしれません。

人は森に入ると、ロープ状のものには瞬時におびえるようにできています。
蛇を想定して危険回避するために反応する、とされています。

つまり本能や生存競争上身に付いた「反応」は
必ずしもブロックではなく、
ごくごく自然な生態反応だと見ることもできます。

言い方を換えれば「そんなの普通だ」ってこと。

次のポイントが「トラウマ経験なくてもブロック反応はあるか?」ですが
まずブロックを考えるときに必要なことは
感情を伴うパターン構築なので

これはかならずしもイタイ経験に限るものではありません。

たとえば、年配の女性に多いのがキャンディキャンディブロック。

男性の多いのがシャア・アズナブルブロックです。

どちらもアニメですが、アニメに感化されて(つまり何かしらの感情が動いて)
アレをやればうまくいくんだ!という思い込みのパターンが作られます。
これがブロックになります。

だから、必ずしも痛い経験やトラウマが関係するわけではありません。

トラウマになるようなことが起こり、
トラウマにはなっても、ブロックにはならない、ということもあります。

傷はあるが、パターンは作られない、ということですね。

苦手なものが必ずしもブロックなのではなく、
正常な生態反応の場合もあるし
苦手ではないものがブロックであることもあります。

ふたつは全く別なもので、
一致することもあるけども、物事としては違うものだ
と認識した方がいいと思います。

エネルギーワークに関する相談が無料でできるようになりました。    
ぜひご活用ください。   

エネルギーワーク無料相談フォーム  
 

構造ブロック解除セッション 
 
毎月決まった日に、遠隔で申込者全員に順番で行います。  
※日程の指定はできません。
価格:9,000円(税込)/ 回  

※ブロック解除の作業日は毎月末日を予定しています。  
【締切】毎月23:59までのお申込み分まで⇒受付メール到着後3日以内のお振込分まで。  
   

 

前話: Q&A 子供が1点を注視

次話: Q&A 虫とぶつぶつブロック解除その後

トップに戻るボタン