自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

Q&A 歌を聴くと急に涙が出る理由

わたしは歌を聴くと急に涙が出るときがあります。
それはその時の感情が関係するものではなく、楽しいときでウキウキした気持ちの時に口ずさんでも、特に何も感じていない無の状況の時でも、急に涙が出て来ます。
なので、どうして涙が溢れてくるのか分からなくて自分でも戸惑ってしまいます。
でも、涙がどんどん溢れてくるのです。

全部の歌ではないのですが、毎回涙が止まらなくなる歌もあります。
特にその歌に思い入れがあるわけではないのに、涙が出るのは何故なのかずっと疑問でした。
潜在意識だったり、トラウマだったりが関係するのでしょうか。

いや、わかんねぇwww

たぶん5つぐらい可能性あると思うからつれづれに書きます。

それが自分にとってごく自然である

歌を聴いて、どこでどんな反応を出すかは人それぞれ。
だから、自分が自分でも予想外のところで
自分で自分の感情が理解できず、反応する・・・・
ということがあるのが普通ということがあります。

有名な動画、スーザンボイルのだけど


審査員の表情は、多くの人が「自分もそうだ」「納得」という感情の表れだと思うけども
そうじゃない人もいるし
別の反応を示す人もいる。
何の感情もでない人もいる。

単純に人それぞれ、という場合があります。
ただの正常。

脳の構造がそうなっている、ということでしょうか。

脳の配線が混線している
ま、上に比べると脳の異常、または誤作動という場合。

感じるべきときに感じず、感じなくていいときに感じるよう
脳が誤作動していることがあります。
単純にミス、という感じですね。

治療によって正常に戻ると思います。

おっしゃる通りのトラウマ
過去イタイ経験が傷になって、そこに響くという場合。
イタイ経験をしたときに音、音階、音楽が流れていて
それに近い音が流れると反応が出る、ということはあると思います。

逆に、涙は嬉しいときにも出る可能性があるので
痛みのない経験、むしろ嬉しい経験のスイッチを押しているかもしれない。

どちらの場合も前世の記憶という場合もあります。
こうなるともう「わけがわからないけど泣ける」となります。

細胞記憶、魂記憶
音楽とは関係ない場合でも、何か琴線に触れる引き金になっていることがある。
感受性が強く、音からの情報をうまく拾えるため
その情報処理と、細胞または魂にある記憶(脳では思い出せない記憶)に
反応、共鳴などの現象が起こって無意識で泣ける。

人が海や月を見て無条件に「何か」を感じてしまうことの
もっと敏感で繊細バージョン。

よりも本能に近い感じ。

感受性を使った再現の強み
どちらにしても感受性に優れているという特徴があると思いますが
ただ何か感じるものがあるというだけに留まらず
強みによって
その曲を作った人の、作ったときの気持ちや情景、願いなどが再現される
というような種類の強みがあります。

リプレイや再構築というように、人によって微妙に使っている強みが違ったりします。

だから自分の気持ちや感情ではなく
感じたことのない作曲家の気持ちや感情を強みによって再現していることがあります。

もっと考えればもっと可能性はあるけど
特定するにはヒアリングしないとわからないので
ま、あとは自分でやってください。

 
エネルギーワークに関する相談が無料でできるようになりました。    
ぜひご活用ください。    
   
エネルギーワーク無料相談フォーム  
 

構造ブロック解除セッション 
 
毎月決まった日に、遠隔で申込者全員に順番で行います。  
※日程の指定はできません。
価格:9,000円(税込)/ 回  

※ブロック解除の作業日は毎月末日を予定しています。  
【締切】毎月23:59までのお申込み分まで⇒受付メール到着後3日以内のお振込分まで。  
   

 

前話: Q&A いろいろなことを「悪い」と思わない。「混同」しない。

次話: Q&A デブは一次について

トップに戻るボタン